プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ 

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク

2019.12.15    カテゴリ:  バイク整備・修理 

   ★長距離移動支援用箱型兵装★

お久しぶりでございます。


かなり長期間の充電期間を頂戴しました・・・が、経営者様に酷使されてむしろ放電していた模様(笑)


※今後どれくらいの頻度でUPしていくか不透明ですが、コメントをきちんとお返しできないのは大変失礼と思い、
 今回の記事からコメントはなしの設定に変更させて頂きました。申し訳ございません。








さて…









てry

                         ?!?




ハイ、その後もルンペン2号は順調でございますが、











yj5hq.jpg

   トップボックスを制式採用いたしましてございます!!
















お買い上げしたのは、二輪箱のおそらくトップシェアを誇る GIVIの「B32N BOLD」 でございます。


超大型サイズや高級路線シリーズは軽く2~3万超えてきますが、こちらは1万ちょいとリーズナブル。
399ccのスーパーカブにはこの程度の箱で十分でございます。











EPM23439.jpg

こちらが同梱されているベース(台座)でございます。ただのプラスチック製のようなので、
SRの豪快な振動に長期間耐えられるのか少々不安ではございます(笑)











EPM23444.jpg


ルンペン2号のようにあらかじめリアキャリアが付いている車両であれば、設置はいたって簡単。
横から見ると「W」の形をしている金属パーツを、キャリアの適当な隙間にネジで固定するだけです。


振動によるベースの破損より、このネジが緩んでくる可能性の方が高そうですね。
定期的に増し締めしといた方がよさそうです。












EPM23443.jpg

ベース取り付け終了の図。
偏差値が昨今の最高気温と変わらない私でも設置は30分かからず完了できました。


ボックスを装着しない場合は常時この状態で走ることになります。












EPM23447.jpg

GIVIのトップボックスというと、スクーター用の丸っこい形状のほうが主流に思えますが、
このB32は完全な箱型なので積載性はかなり良好です。


さすがに物干し竿やグレネードランチャーは収納できないものの、ボーリングの玉や対戦車地雷ぐらいの
大きさであれば格納可能かと。ただし最大積載量は3kgまでとあるのでヒャッハー系はやめておいた方が吉です。











EPM23448.jpg

ちなみにボックス底面もこの通りほぼフラットなのでデッドスペースは少なく、
見た目以上に積載性がかなり高くて紛争発生時やツーリング時には特に重宝します。


ちなみに今回は実物を見ずにネットで購入したので当初は更に一回り大きい「E43」とも迷いましたが、
サイズ的にB32Nでちょうど良かったです。SRのような中型バイクにE43はデカすぎで不格好かと。










DSC_0421.jpg

そもそも今までトップボックスを使ってこなかったのは「オッサンくさくてダサい」と思っていたからなんですが、
よくよく気づいたらもうオッサンになっていることにようやく気付いた次第です(笑)


加えてとある趣味が加わったことも大きな原因なのですが、そのあたりは次回にご説明をば。



こちらをポチッとやっていただくと、師走のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト





Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog