プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2017.01.08    カテゴリ:  カメラ 

   8.1F mm57 DE LATIGID OKIUZ.M 





keihou_2014100123091145b.jpg

    以下、(略













dtyk.jpg

    以下、(略


ええ、ちょうど 1年前 に同じものを購入してましたが、その時は光速で売却しちゃってたんですよね‥。


ただ、少ないながら当時の写真を見返してたら、そのキレッキレ具合に再度惚れ直してしまい、
中古で再購入の儀となりました。














pkjo@n.jpg


一部まだテストされていないレンズもあるものの、マイクロフォーサーズの中では
ノクチクロンと並んで最強のシャープネスを誇るレンズでございます。


同じオリの「25mm f1.2」や「300mm f4.0」あたりもかなりのスコアを叩き出してきそうですが、
このレンジにおいては、これを超えてくるレンズはもう出ないんじゃないでしょうか。













EM504570.jpg

フィルター径が同じ58mmのパナ製 「35-100mm f2.8」 用に買った、UNのテレマチックラバーレンズフードを
装着するとこんな感じです。展開時はちょっとデカいですが、ケラれずに撮影可能でございました。


このレンズ、明るさとキレッキレの特性上、どちらかというと明るい昼間より暗い場所や夜のほうが
性能が際立つんですが、光源が近いとフレアやゴーストが出やすように感じます。














EM504571.jpg

巨躯のGX8に装着するとこんな感じで、サイズ的に全く違和感がなくグリップも良好です。


明るいとはいえ望遠レンズなので、手ブレ補正が全くないパナボディだと暗い所での手持ちはブレそうですが、
3段分くらいの補正能力のあるGX8であれば今のところオリ機とも遜色なく使えてます。


また、こういうレンズでこそ、GX8の高画素20MPセンサーが本来の性能を発揮できるというものです。















M10K0514.jpg

ということで早速、ヒーテックを着込んで夜の横浜湾岸へ試し撮影に。


ボディのISOは800、絞りは開放f1.8で撮ってますが、この画質でしかもそれが手持ちで撮れるのは
単焦点HGレンズならではですね。
















M10K0519.jpg

こちらは停泊中の貨物船を。これもISOはわずか800での手持ち撮影ということを考えれば
かなり驚愕の写りではないでしょうか。シャッタースピードは1/20でございます。


暗いキットレンズだと、仮に三脚を使ってもここまでの空気感は出ないと思います。













M10K0521.jpg

こちらは波止場で目が合ったドラ猫をサッと1枚。さすがに暗い場所でのAF精度は他のレンズと同じく
打率が悪いのでMFで撮ってますが、リング径が大きい分フォーカスの操作感はGOODです。


ただ、他のレンズよりもかなり軽くフォーカスリング回るので、もう少しトルクがあった方がいいかと。














M10K0525.jpg

場所がいきなり大きく飛びますが(笑)、もちろん明るい所での解像感は言うことなしです。
どう切り取るかが本当に難しい画角ですが‥。


35mm判換算で135mmぐらいならもう少し切り取りやすくなるんですけどねぇ‥。













M10K0531.jpg

こちらは西日を受ける仏閣の屋根をば。等倍で見ても言われないと気づかないレベルにカリッカリです。


一応メーカー的には「ハイグレードポートレート」レンズという扱いですが、マジでお肌の毛穴まで
クッキリガッツリ写ってしまうので、ある意味では残酷な被写体殺しレンズとも言えます。


うっかり、いい歳したオッサンなんかがアップで写ろうもんなら、モザイク必須レヴェルです(笑)














M10K0304.jpg

オリの謳う「ゼロコーティング」が施されてますが、逆光耐性はそこまで良くはないです。


でもボケは綺麗ですし、とにかくしっかり描写してくれるので光源を入れない形での逆光や
半逆光ではかなり印象的に仕上がります。モノクロームとも相性がいいかもしれません。












M10K0395.jpg

とにかく画角が難しいので風景撮りが多い長距離ツーリングとの相性は良くないんですが、
太陽の光がかなり斜めで、また夜も長い冬の時期のブツ撮りにはかなり使えるレンズです。


春が来てツーリングシーズンになったらまた手放すことになりそうですが、
それまでの間はこの解像番長でいろんなモノを切り取ってみたいと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、新春のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト

2016.11.20    カテゴリ:  カメラ 

   標準焦点域専用小型兵装 【12-32mm】





trywa.jpg

さて、いつもの新宿マップカメラから取引のブツが到着いたしましてございます。













EM593705.jpg

むっ。今回のブツはだいぶ小さいですねぇ‥


しかし袋の中はパンパンなので、コレは末端価格にすると大変なことになりそうです。












753783.jpg

おや、中は粉末ではなく円形の黒い固体が1つだけ。中央部には地雷の信管らしき突起が見えますねぇ‥。
記事が低俗すぎて、ついにKGBから暗殺指令が出たんでしょうか。



            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \      ・・・・・・・・・
    / (●)  (●)     \ 
    |   (__人__)    u. | 
     \ u.` ⌒´      /
    ノ          \
   /´             ヽ










       ではなくて‥












nkjvuygt.jpg

LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!














h45h4j.jpg

そもそも広角側はワイド無双の7-14mm と 標準ズームの14-42mmを既に保有していますが、
14-42mmだとツーリング先で雄大な景色を撮るときに広角側が足りないんですよね。


そして広角番長の7-14mmは人工物の歪曲が大きすぎるのと、フィルターが装着できないので
「今日は撮るぞ!!」という確固たる意識がないとあまり気楽に持ち出せないんですよね‥。












EM593708.jpg

一方、このレンズは12mmスタートなので普通の広角景色には十分対応できますし、
その上めっちゃ軽くて小さいのでツーリングにも向いてます。


お値段も新品で2万ぐらい、中古なら15,000円前後で買えるのでコスパも最高です。














dnrytmarym.jpg

画質はというと‥ 左が12-32mm、右が14-42mm II のMTFチャートです。


ワイ端は14-42mmが周辺部が大きく落ちているのに対し、12-32mmは60%ラインを維持してます。
テレ端はそもそも長さが違いますが、全域で12-32mmの方が上ですね。


14-42mmの約半分の薄さということを考えると、本当に優秀なレンズですね。













hjtfdnrs.jpg


唯一難点を挙げるとすると、非常に薄い外装の鏡筒がペコッと外れるという故障がネット上で散見されるのと、
純正で専用フードが用意されていないことでしょうか。


外装脱落についてはおそらく現在はメーカーで対策済みと思われるので、中古で古い固体を掴まされなければ
大丈夫でしょうし、フードについてはアマゾンでこんなのがあったので後日検討してみようと思います。















EM593704.jpg

というわけで必要性を感じなければフードなしで運用するつもりですが、そうなるとフィルターに汚れやホコリが
つきやすくなるので今回もフィルターはちょっとだけ高品質なやつにしてみました。


ケンコーのPro1Dプロテクターはすぐに汚れが付くので最近はマルミのDHGスーパープロテクトで統一してましたが、
今回は初めてハクバのXC-PROをチョイス。果たしてこちらはどうでしょうか。













EM503730.jpg

そんではプロテクターを装着してからパナ機と合体。元々はGMシリーズのサイズに合わせて造られてるので
巨躯の旗艦・GX8との組み合わせだとちょっと小さすぎですね。


残念ながらこれではメガ粒子砲は打てそうにないので、LEICA 100-400mm に換装して
ハイメガキャノンをブチかましたいところですねぇ‥。諭吉が15枚ほど足りないですが。













EM503731.jpg

零号機・GF1に装着するとこんな感じで、コレならちょうどいいサイズ感ですね。
昼間に屋外で撮るならこのコンビでも必要十分な画が出てきそうです。


明るい時間帯がずいぶん短くなってきましたが、気づけばあと1ヵ月でもう冬至ですね。
クリスマス反抗作戦に向けて機材と兵装を着々とパワーアップしていきたいと思います(笑)



こちらをポチッとやっていただくと、晩秋のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.10.30    カテゴリ:  カメラ 

   老将・E-M5 に コアブースター ★




今回は久々にカメラパーツネタをば。







超絶今更ではございますが‥











こんなの買ってみました!!










P1370137.jpg

   ユーエヌ の E-M5用グリップ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



MYカメラの中で一番稼働率の高い初代E-M5ですが、重さの割にグリップがイマイチよろしくないので
今更ながら購入してみました。型番は UNX-9120 で、定価は約1万円に対し購入額は5,000円。













xfhgjhkj.jpg

発売から既に4年半が経過しているカメラのグリップに今さら5,000円投資というのはちょっと高いですが、
マイクロ43はこのE-M5以降、センサーがあまり進化してないので今でもコレで十分だったりもします。


画像処理エンジンやAF性能、シャッターユニット等は他マウントよりも速いスピードで進化してますが、
センサーに関してはなかなか難しいみたいですね。 E-M1 Mark II ではどうなるのやら‥。













fdrug.jpg

そしてユーエヌの製品ってマニアックなものが多い故か少数生産の上にほとんど再販しないので、
中古でもなかなか出てこないんですよね。


だからたま~に古い掘り出し物が出てきても、あんまり安くないことが多い気がします‥。
大事に使えば高く売れるということでもありますが。













P1370139.jpg

さて、箱の中身は説明書と六角レンチとビス、そしてグリップ本体と台座でございます。


どんなに忙しいお父さんでも、ウォッカを飲み過ぎて手がプルプルしてなければ
ものの10秒で組み立て完了できる親切仕様となっております。













P1370142.jpg

           それでは早速、この老兵E-M5に‥














pthmyhh.jpg

              コ ア ブ ー ス タ ー 合 体 ! !















jryaer.jpg

          ウ ィ ー ン 、    ガ シ ャ コ ー ン ! !











P1370146.jpg

うーん、コレはマジで持ちやすさ倍増です。ずっとグリップなしだったので喜びもひとしおですねぇ‥。


グリップは軽量だけど堅牢なアルミ製で120g、カメラ本体は373gなので約30%の重量増ですが、
劇的に持ちやすくなったので大きいレンズ装着時はむしろ体感的には軽くなるかもしれません。













fsrty.jpg

こちらは底部の写真ですが、上は E-M10 用のオリンパス純正グリップ・ECG-1 で、下がユーエヌです。


手へのフィット感ではさすがにオリンパス純正に軍配が上がりますが、ECG-1はグリップの別体部分を
分離させないとバッテリー交換ができないのに対し、ユーエヌならその手間がありません。


消耗の速い互換バッテリーを使ってると交換回数が増えるので、この差はけっこう大きいんですよね。












uiulkj.jpg

こちらは E-M5 Mark II 用のノーブランド中華グリップとの比較でございます。


中華製も何気にちゃんと底部が切欠き仕様になっていて、なおかつグリップ部分がこの通りかなりデカいので
手が無駄に大きいオッサンでもかなりしっかりホールドすることができます。











しかしですね‥












P1370149.jpg

グリップ部分がデカすぎると、径の太いレンズを装着した時にここのクリアランスが狭くなるので
指がレンズに当たって逆に使いづらくなっちゃうんですよね‥。


オリンパス純正はそのあたりがちゃんと考慮された形状になってますが、このユーエヌのグリップも
ほどよい大きさなので、ピザばっかり食ってるアメリカ人並みの指の太さでない限り当たることはありません。













P1370151.jpg

もはや売却しても大した金額にならないでしょうし、このE-M5に関してはシャッターユニットの
限界寿命が来るまで使い倒してやろうと考えております。


このコアブースターのおかげで、いぶし銀の働きが期待できそうですしね。



こちらをポチッとやっていただくと、中秋のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.09.11    カテゴリ:  カメラ 

   【朗報】 もみあげ、新たに3本の足を獲得



今回は何とも地味な三脚にまつわるお話でございます。


これまでは長い間、スリックのF741という安物の部類に入る三脚を使ってたんですが‥











675ytnbr.jpg

ベルボンのUT-53 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



カメラやレンズでは何度となく沼に転落してますが、いよいよ三脚にも魔の手が‥(笑)

















ベルボンのコンパクト三脚・ウルトレックシリーズはUT-43、UT-53、UT-63の3種類が出ており、
今回は真ん中の大きさの UT53 をチョイスしてみました。


ちなみに各モデルとも最近、型番から「Q」が取れたマイナーチェンジモデルが新発売されましたが、
基本的にはほとんど同じのようです。(UT-53については同じ縮長のままで全高が1cm伸びたようです)












P1360965.jpg

私のようにマイクロフォーサーズのカメラやレンズしか使わないのであれば大概の場合、
基本的に末弟のUT-43でもたぶん十分です。


ただ、店頭で触ってみると意外に差があったので1ランク上のUT-53にしてみました。













897tkr.jpg

表の上が UT-43、下が UT-53 のスペックです。


基本的に全高・縮長ともにそんなに大きな差はありません。脚部の太さが3mmだけUT-43の方が細く、
その分320gほど軽くてコンパクトですが、展開時の末端脚部はかなり細くてちょっと頼りないです。


なのでUT-53の方が安心感があり、また雲台も水準器がついたちょっとランクの高いやつが付属しますが
そこに約5,000円の価格差が見いだせるかどうかですね。














EM572301.jpg

せっかくなので、これまで使っていたハクバのF741と比較のため外に持ち出してみました。
ちなみにF741は全高が1,480mm、縮長が540mm、重量は1,460gです。


重量はほとんど同じですが、縮長はUT-53がほぼ半分の275mmしかないのに全高は約100ミリも高いです。
一般的な三脚に比べていかに異次元なコンパクトさかがよくわかります。













EM572302.jpg

脚を伸ばしていない時はこんな感じ。F741はただ開脚しただけですが、
UT-53は格納状態から脚を約180度開いてストッパーを回す必要があります。


手間といえば手間ですが、使用頻度を考えれば無視できるレベルです。むしろ携行時の楽さが違いすぎます。
UT-53にしてからは、SR400のサイドバッグにも余裕で入るのでツーリング時に本当に助かります。













EM572304.jpg

ちなみにUT-53はストッパーの位置が3段階で選べるようになっており、
最も開脚したこの位置が最低高の状態で358mmとなっています。


静物や植物、昆虫とかをマクロで撮る場合は最低高が低い方が便利なのでしょうが、
もみあげはそのような使い方は一切しないので影響なしでございます。













EM572306.jpg

UTシリーズの特徴は格納時のコンパクトさだけではありませんよ、と。ベーシックな汎用三脚のF741は
合計9か所のロックレバーを外さないと全高状態にできないので、しまう時も含めてまあまあ面倒です。


一方のUTシリーズはなんとそれぞれの脚を反時計周りに回すだけで一気に最長状態まで展開可能!!
ロックする時も時計周りに回すだけなので、めっちゃ楽だし展開が速くなりました。














EM572305.jpg

これがエレベーターを伸ばさない場合での全高状態。
展開前はあれだけコンパクトだったUT-53ですが、ここまで一気に大きくなります。


あ、そういえば雲台も大きな違いがありまして、F741は固定式の3wayタイプですが
UT-53は脚部から分離も可能な自由雲台・QHD-S5D がついており便利です。


展開作業だけでなく、カメラを設置してからの位置や角度の調整時間までも含めると
自由雲台のUT-53の方がさらにちょっ速になります。












EM572307.jpg

全高状態からさらにエレベーターを伸ばしたMAX状態がコレ。UT-53はさらに159mm高くなるので
合計1,570mm!! 格納時からの伸縮率はなんと5.7倍にもなります。コレはマジで凄い‥。


ちなみに脚の末端部はどちらもまあまあ細いですが、全体的な剛性感には雲泥の差があり、
UT-53にマイクロフォーサーズ機なら過剰スペックかもしれません。












EM572310.jpg

ラストはルンペン2号を入れて。全高まで展開後はちょうどバイクをまたいで立てられる高さになります。


最近は日が沈むのがだいぶ早くなってきたので、早速このブランニュー三脚で夜間撮影に勤しもうと画策中です。
お得意の川崎沿岸部なら工場夜景も撮れますしね。また近々戦果を報告したいと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、初秋のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.08.18    カテゴリ:  カメラ 

   真夏の機材ビッグバン ★




Life can be wonderful if you’re not afraid of it. All it takes is courage, imagination… and a little dough.

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。


                                                        チャールズ・チャップリン











Life can be wonderful if you’re not afraid of it. All it takes is camera, lens… and a lots of money.

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それはカメラとレンズ、そして多額のお金だ。


                                                          もみあげネットワーク










というわけで‥












処理済~EM592068

いつまで経っても増えない可処分所得を脳内であんなことやこんなことで運用しながら
破竹の自転車操業で導入致しましたのが‥













tyretwr.jpg

 LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


言わずと知れたマイクロフォーサーズの超広角レンズでございます。オリンパスも全く同じ画角で
Proレンズを出してますが、パナソニックのコレはなんと2009年の時点で既に発売されてました。












商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】 パナソニック H-F007014 LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
価格:92300円(税込、送料無料) (2016/8/7時点)



なのでマイクロフォーサーズの中ではかなり古い部類に入るレンズではありますが、
現行レンズにも全く見劣りしないスペックを備えております。


もちろんオリンパスの7-14mmの方には画質や明るさでは勝てないものの、
価格やコンパクトさでは圧勝なので、画角は同じでも明確にキャラが分かれております。















P1340912_20160807121025b0e.jpg

そして一部の方は覚えておいでかもしれませんが、このレンズ、今回で2回目のお買い上げでございます(笑)
コチラは2013年に一度購入していた時の写真です。ボディは懐かしのGH2‥。


ツーリングでも圧倒的な広角無双をエンジョイできたものの、画面の中央にバイクを置かないと
めっちゃ歪むのが気に入らず半年で手放しておりました。













P1140882.jpg

しかし今回、夏休みの北海道ツーリングを画策するにあたり、あの超絶雄大・グレイトな風景を切り取るには
これしかねぇ!! ‥ということで思い切って再配備したワケであります。


件のトラブル で急きょ行けなくなりましたが(笑)












しかも今回、超広角レンズと合わせて導入しておりました兵器が別途ございまして‥













jhgffd.jpg

パナソニック・GX8 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


GH2以来、超絶久しぶりにパナボディを導入です。今までのパナボディには手ブレ補正がついてなかったり、
ついてても気持ち程度のレベルだったのでオリンパスに傾注しておりましたが‥

















このGX8からはレンズとボディの両方で補正が効くDUAL I.S.が搭載され、また図らずも現在保有している
レンズが全てパナ製なので、この機会にボディも大阪の家電屋に回帰してみました(笑)


GH1とGH2の時期もそれなりに長かったので、パナの操作体系はだいたい覚えていたものの、
当時よりかなり機能・設定が増えているので、完全に使いこなすまでにはかなり時間がかかりそうです。












jthret.jpg

というわけで現在はこの3台体制になったんですが、DxOのスコアはこんな感じです。
概ね大差はないものの、やはりセンサーの新しいGX8が一番高スコアになってます。


何より、GX8は2,000万画素まで引き上げられている点が最も大きな違いでしょうかね。
しかも高画素化しているのにエンジンの進化のおかげでノイズは増えていないというのが素晴らしいです。













そしてそのGX8に超広角レンズをガッターイしますと‥














546h.jpg

                        ガシャコーン!!


パナの7-14mmはもともとかなりコンパクトな設計ですが、大き目ボディのGX8に装着すると更に小さく見えます。
ていうかGX8はその大きさがやたらと市場で叩かれてますが、ちょっと意味不明です。


一般的な男性であれば、これぐらいの大きさが一番持ちやすいはずなんですけどね‥。センサーが小さいから
ボディも小さくないと意味がない、という人はこの規格のトータルでのメリットがたぶん理解できてないのでは。












P1370024.jpg

ちなみに液晶パネルはE-M5 MarkⅡ と同じくバリアングル仕様となっております。
ココに関しては従来通りのチルト式の方が便利だったかな‥。動画はあんまり撮らないので。


一応、4K動画が売りのカメラでもあるんですけどね(笑)












P1370025.jpg

また一方でEVFがチルトできるようになっており、バリアングル液晶と合わせて活用することで
あんな所やこんな所から変態的な角度で撮影がお楽しみ頂けます。


よい子のみんなはまねしないでね!!











asdfgfhj.jpg

ちなみに某三流女優を使って売り出し中の最新機・GX7 MARKⅡも店頭で実機を触って検討しました。
動画でも手ブレが効いたり、新型の電磁式シャッター搭載とかはかなり魅力的ですね。


ただ、コンパクトすぎるのが災いして持ちづらいのと、何より撮影のキモになるEVFが圧倒的にGX8の方が
綺麗で見やすかったのでGX8に決定しました。何でもかんでも小型化すればいいってもんじゃありませんね。














P1230688.jpg

さて、数年ぶりの北海道ツーリングの夢はあえなく頓挫しましたが、この新型兵器を携えて
ついにあの林道にチャレンジしてきましたので次回UPしたいと思います。


こちらをポチッとやっていただくと、真夏のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ


Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog