プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.31    カテゴリ:  ツーリング(北海道) 

   ∧ニセコアンヌプリ de いかめし


本日のツーリングコース













前回のつづき>

森駅でいかめしをゲットしてから、再び国道5号で北上を続けます。




P1140214.jpg

八雲町の噴火湾パノラマパークに至るパノラマロードにて。
0円マップ北海道にも載っている道です。薄曇りなのがちょっと残念。












P1090603.jpg

更に北へ進み、要衝・長万部に到着です。函館本線はここから海線・山線に分かれます。
国道も5号と37号に分岐しますが、峠を越える5号をチョイスします。











P1090625.jpg

峠を越えてニセコに入ったところで、上陸第1号温泉で小休止です。

ネーミングから一抹の不安を感じずにはいられませんでしたが、至ってフツーの温泉でした。
露天風呂からは後方羊蹄山が拝めます。











P1090630.jpg

ひとっ風呂浴びたら、ニセコ高原へ向けてどんどん高度を上げていきます。
超有名スキーリゾート地帯を経て、道道58号へ。











P1140240.jpg

この山がニセコ火山群の主峰、ニセコアンヌプリ(標高1308m)でやんす。


ちなみに周辺にはイワオヌプリ、ニトヌプリ、チセヌプリ等々‥。
スタジオヌプリもこの辺にあったとかなかったとか‥











P1090649.jpg

そのまま倶知安まで降りてきたところで、河原の小道でかなり遅めの昼メシです。
午前中にゲットしていた、森駅のいかめし。これは確かにウマい!!イカめし童貞脱出です。


小さいですがその分、駅弁としてはかなりリーズナブルな500円!!
小腹がすいた時にもピッタリですね。


OLの午後のおやつにも最適です。部長が大変な顔をするかもしれませんが何か。












P1140247.jpg

だいぶ陽が傾いてきたところで後方羊蹄山をバックに。


そのまま国道393号に舵を取り、毛無峠という人によってはあまり笑えない名前の峠を越えて、
本日の野営地・小樽へ向かいます。












P1140278.jpg

お気に入りのプレスカフェにて。石造りの倉庫+ヒストリックカーをコラボさせた何とも洒落乙なカフェです。
‥が、着くのが遅くなってしまい、既に閉店してました。











P1140302.jpg

本日はそのまま埠頭近くの公園で満天の星空の下、上陸1回目の野営です。
夏の大△とか懐かしいですね。ベガ・デネブ・アルタイル。


明日は富良野・美瑛までつっ走ります。


<つづく>


こちらをポチッとやっていただくと、至極まともな夏休みの記事に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
スポンサーサイト

2011.08.27    カテゴリ:  ツーリング(北海道) 

   D-DAY ★函館上陸作戦


本日のツーリングコース












前回のつづき>

ついに函館に上陸です。夜中に着いたのですが、そのままフェリーターミナルのソファーでお陀仏でした。
風防なしのアホバイクde東京→青森1日700km走破は、体に深刻なダメージを被ります。

P1090544.jpg

フェリー港のある対岸から、函館市街と函館山です。

ちなみに函館山からの夜景は、世界3大夜景に入っているそうですYo!!

 








P1090553.jpg

まずは朝メシを、とフラフラ走っていると、やたら洒落乙な某コーヒーショップを発見!
元従業員としては、これはチェックしないわけにはいきません。












P1140205.jpg

中に入ってビックリしましたが、かなり広めの造りの2階建てで、これまた洒落乙なソファー席や、
洒落乙な港が見える席が多数。私的ランキングでは、富山環水公園店と同率1位です。



メシを食ったら街の散策です。
函館といえば港、港といえば倉庫がつきもの。函館も横浜や小樽のようにレンガ倉庫があります。











P1140193.jpg

函館山をバックに、金森赤レンガ倉庫にて。
右奥に写っているのがさっきのスタバです。











P1140169.jpg

GF1のアートフィルターを使って1枚。
「アラビアの刑務所の前で撮ってきた!」と会社の女子を騙せそうです。フォッフォッフォ(笑)











P1090556.jpg

その裏にも、これまた洒落乙なレンガ造りの洋館が。だいぶエコに浸食されてます。


さて、函館を後にして、稚内に向けて少しずつ北上を開始します。











P10905801.jpg

大沼公園にて駒ヶ岳をバックに1枚。草に隠れてますが、函館本線の線路が並走してます。
寝台特急からのここの車窓はけっこう有名ですね。











P1090592.jpg

そこから少し走ると、国道5号は内浦湾に面した森町に出ます。その中心、森駅にて。


ホームには旧型客車が。風光明媚な場所なので、SLが走ってるのかもしれません。
カシオペアや北斗星も停車するんですね。


そして森駅といえばもちろんアレですね!!











P1140212.jpg

峠のいかめし!!


駅弁人気ランキングで1位に輝くこともしばしばですね。とりあえず腹は減ってないけど
昼食用に1つゲットしておきます。写真は駅前の柴田商店さんにて。


<つづく>



こちらをポチッとやっていただくと、至極まともな夏休みの記事に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2011.08.20    カテゴリ:  ツーリング(東北) 

   宗谷岬まであと1700km

8月某日の金曜、会社から終電で帰宅後に急いで荷物をまとめ、いよいよ出発です。
ファイナルデスティネーションは蝦夷の宗谷岬。


帰ってくる頃にはオドメーターがどんだけ増えてるのやら。







P11400960.jpg


とりあえず東北道に乗り、道がすいてる夜のうちに行けるとこまで行く作戦でしたが、
埼玉も脱出しないうちに脳内で睡眠を伴うインストールが開始されたため、蓮田SAでシャットダウンです。


流石に終電で帰ってきてそのまま行くのは無理がありました‥


翌朝、気づけばもう7時。というよりまだ7時なのに、SAは大混雑!!やべやべ。
急いで北を目指します。












P11401000.jpg

栃木を駆け抜けて、ふぐすまに突入です。


その後、宮城でゲリラ雷雨に見舞われましたが、先日購入したスマホで雨雲を事前確認できていたので、
直前のパーキングエリアでフル装備、事なきを得ました。


そんなことより、仙台過ぎてようやく出てくる「東京⇔青森ここが中間地点よ♪」の看板のおかげで
テンションだだ下がりです。そろそろ風切り音の耳鳴りで頭がイカレかけてます。













P10905180.jpg

どうやらここを左に曲がると、陸奥ではなく修羅の國のようです。青森恐るべし。
そこには道路交通法も青少年健全育成条例も存在しません。


うっかり入ってしまったファルコは、ここから100mぐらい行ったとこでお亡くなりになったようです。






そして自宅を出てから16時間、ようやく青森中央IC到着です。

気になる高速代、昨年は1,000円で行けましたが、今年はETC割引だけなので、
川口→青森で5,000円でした。高えぇぇ!






そして8月の青森といえば‥












P11401050.jpg

ねぶた祭り!!


たまたま日程がカブってくれて、生まれて初めて見ることができました。
まさに勇壮という表現がピッタリで、生で見るとすごい迫力でした。











P114011500.jpg

ちなみにこれの題は「阿修羅の怒り」だとか。やはり青森は修羅の国で間違いないようです。


さて、フェリーの出発が近くなってきたので青森港へ撤収です。












P11401190.jpg

青森駅のすぐ隣が青森港になっていて、割と最近整備されたのか、めっちゃ綺麗でした。
(函館行きのフェリーはここから少し離れたところから出航します)


津軽海峡フェリーは初利用でしたが、「スマートチェックイン」はめっちゃ便利でしたよ。
窓口に並ぶ必要が全くありません。入口でQRコードを機械に読ませるだけという簡潔さ。











P1090543.jpg

お船の中に様々なビークルたちが吸い込まれていきます。ドデかい競走馬の輸送車とかもありました。


ちなみに料金は、最下等クラス部屋(雑魚寝)とバイクの航送料で6,000円でした。
この込み合う時期の雑魚寝は、慣れない常人にはキツいかもしれません。





しかしノーカウルで東京→青森700kmを1日で走った後の少々ラリった状態であれば、
甲板の上だろうがマストの上だろうが2分で就寝可能です。












P1140121.jpg

積み込み終了でいよいよ本州から高飛びです。
会社からは1mでも遠く離れておくに越したことはありません。


タイタニックにならなければ、3時間40分の航行でいよいよ函館に上陸します。


<つづく>



こちらをポチッとやっていただくと、至極まともな夏休みの記事に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2011.08.16    カテゴリ:  バイク整備・修理 

   MOTUL★にオイル交換してみたが

今夏最大の危機的イベント、北海道ツーリングから無事に帰ってこれますた‥。


写真やら動画やら撮りすぎて、すぐに記事にできそうにないので、
本当は出発前にうpするはずだった、オイル交換編です。


今回のチョイスはMOTULの「3000」です。粘度は夏用に20W50をチョイス。
トライアンフでこれ使ってる人はほとんどいないでしょうね。


そりゃまぁ、できることなら「300V」でも入れておきたいとこですが、
これから搾取される高速代、ガス代、フェリー代なんかを考えたらリームーです!

P1140084.jpg

つーか、商品説明欄見たらいかにも健康志向な「ミネラル」などと書いてあるんですが、
要は安価な鉱物油ってやつですな。今までずっと半化学合成を使ってたので、鉱物油はハーレーのとき以来。


鉱物油でさらに20W50と高粘度にしたのは、熱ダレ対策だけでなく騒音対策も。


前回入れたカストロールですが、劣化が早かったのか低フリクションだったのかわかりませんが、
気温が高くなってからは、エンジン周りの騒音(タペット?)が非常にうるさくなりました。


粘度は多少なりとも影響するようなので、これでわずかでも改善されるといいのですが‥。


P1090507.jpg

まずはいつもの通り、スキッドプレートの取り外しです。

P1090509.jpg

ポイパック、2.5リットルじゃ足りなくね、と気づいてしまったアナタ、
猛暑による幻覚が見えていらっしゃるので、水分を多めに取るよう心がけてください。



P1090511.jpg

ハーレー用の1/2ソケットで、これでもかとブン回します。


P1090512.jpg

ギョエ、東京電力もまっつぁおのドス黒さ。


お約束ですが、ヤミ金の取り立て屋もチビるぐらいの勢いで左右にゆすり倒して、
汚物を1滴たりとも残さず吐き出させます。


オイルフィルターは今回は交換しません。前回ベスラに変えたし。
そしてドレンパッキンは今回ももちろん再利用。

毎回交換するなど愚の骨頂。男たるもの、資源の再利用は基本中の基本です(笑)


今回はじょうごを新調したのですが、うっかり小さいのを買ってしまい、
絶対に長さ足りねえよなあと思ってたら‥

P1090513.jpg

エキパイのところでちょうど直立することが発覚!!
こりゃ便利だYo!!


P1090514.jpg

そのままニューオイルを垂れ流していきます。


鉱物油といっても、パッと見では化学合成と全く見分けがつきませんね。
スライムとスライムベスぐらいの差です。

馬鹿オーナーと同じでこの馬鹿バイクも違いに気づかないでしょう。


交換後、軽く走ってみましたが‥
なんも変化なし!!(笑)


とはいえ結果的に北海道まで往復してもノートラブルだったんで、
単純に安上がりで済んで結果オーライイィィィーでした。



こちらをポチッとやっていただくと、まともなオイル交換記事に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ


Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。