プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2011.10.13    カテゴリ:  ツーリング(甲信越) 

   タイガー800XCとスクランブラーで林道行ったった。

数少ないバイク仲間の一人(奥方あり)に、あることないこと吹聴し続け、
ついにヤマハのキモいSSから、タイガー800XCに買い替えさせるという調略に成功した私。


今回は納車後初のツーリングです。


P1100888.jpg

集合場所になかなか来ないんで、コーヒーで一服。

なお、誤解を招きかねないパッケージになっていますが、そっち方面の嗜好はございません。
但し‥、葛城ミサト版がないか探したことだけは白状しておきます。



30分遅刻の後、空母みたいな変態3気筒OFF車が到着し、中央道で山梨へ。



P1100892.jpg

大月ICで降りて、笹子トンネルを抜けたら県道218号に入り、上日川ダムに到着です。
かの名高いノーモラル・ノーライフの電力会社が所有しているようですよ。

今日は富士山がクッキリ絶景です。





P1150329.jpg

ネオタイガーショット ・ フジタイガーショット






P1100895.jpg

さて、本日のメインディッシュ、泉水横手山林道に到着です‥って
おもいっきり通行止めになってるし!!







‥とかいいつつ、2秒後には自己責任という大人の最強フレーズを駆使して侵入開始です。



P1100900.jpg

土砂崩れも路肩崩壊も見当たらず、走りやすいフラットダートが続きます。






‥が、4~5km走ったところで完全封鎖されており、あえなく行き止まりに。


P1100907.jpg

しかしちょうど清流を発見したので、コーヒータイムに突入します。

ちなみにこの清流が多摩川のリアル源流なのだそうです。
おそらく東京都民の水道水になってるのですな。



あっコラそこ!立小便すんな!!








P1150331.jpg

タイガー乗り持参の新鋭湯沸かし器「ジェットボイル」であっという間に湯が沸きました。
これはマジで早い‥








P1100918.jpg

コーヒー飲んだら撤収です。

つーか天気悪かったら「デスライダー」みたいな絵になりそうです。








P1100930.jpg

帰りは中央道の鬼のような渋滞を尻目に、旧街道を使ってスラリと帰宅しました。


タイガー800XC,その帰り道でちょいとだけ乗せてもらいましたが、前を走るスクランブラーが
250ぐらいのおもちゃにしか見えなかった‥マジで。


エンジンもめっちゃスムーズに回るし、これで新車価格が3万円しか変わらねぇって
どんなマジックだよ!!


明日をもしれぬ未舗装路を自由に走ったバイク人、漢が惚れる生き様を選んでいただきたくござ候
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ


本日のツーリングコース


スポンサーサイト

2011.10.09    カテゴリ:  カメラ 

   綺麗なツーリング写真撮るなら


今回は久々にカメラネタを。



cameranohako

昨年末にリボを駆使してイヤッッホォォォオオォオウ!!">イヤッッホォォォオオォオウ!!してしまい、未だに払い終わっていない
パナソニックのGF1とGH1ですが、コンデジとは一線を画すクオリティに満足しています。



せっかくツーリングに行くのなら、少しでも綺麗に写真を残したいですしね。
どんだけスマホのカメラが進化しようと、所詮は携帯電話の域ですし。








カメラやレンズも日進月歩で進化しているようですが、最近はパナからこんなのが出るようです。


Panasonic デジタルカメラオプション マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ Xレンズ 電動ズーム LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS14042-KPanasonic デジタルカメラオプション マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ Xレンズ 電動ズーム LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS14042-K
(2011/10/13)
パナソニック

商品詳細を見る



14-42は以前からキットレンズとして出ていたものの、たいしてズームもできないのに
微妙な大きさでミラーレスのコンパクトさを帳消しにしていました(笑)


‥が、今回出たやつは、パンケーキもまっつぁおな薄さですね‥。ていうかパンケーキじゃん!!
F2.8ぐらいなら確実にポチってただろうな。


但し、リボに限る。









GF3X.jpg

GF3のキットレンズもこっちに変えてきましたね。そらそうか。
このコンンパクトさは反則だろ‥。


しかも電動ズーム?!これじゃコンデジの存在意義って何?ってなっちゃいますね。










orinpen.jpeg

おそらく買う機会はないだろうけど、オリンパスのPENも3作目まで来てますね。
広告やCMは、オリンパの方がセンスあると思います。


ちなみにパナの綾瀬はるかとか超絶意味不明です‥。











そしてそして‥ついにあのニコンからも‥





Nikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) V1 (ブイワン) 薄型レンズキット ブラックN1 V1ULK BKNikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) V1 (ブイワン) 薄型レンズキット ブラックN1 V1ULK BK
(2011/10/20)
ニコン

商品詳細を見る

ミラーレスキタ━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━!!!!!!




でも何か‥変!!(笑)



コンデジっぽくもないし、今までのミラーレスにもないデザインだし‥
まぁとはいえ、ソニーのNEXよりは100倍マシなデザインだと思います。


これでキャノンまで参戦した日にゃ、完全に泥沼マーケットですな‥




こちらをポチッとやっていただくと、他のトラ乗りの綺麗なツーリング写真に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ



2011.10.06    カテゴリ:  ツーリング(東北) 

   とある東北太平洋沿岸の風景


前回のつづき>


13話にも渡って、末期の管政権並みに見苦しくネタを引っ張り続けた北海道ツーリングも今回でラストです。


夜の苫小牧港を出航し、約7時間で青森の八戸港に到着です。
貧民用最下等タコ部屋はかなりの混雑っぷりでしたが、完全爆睡でした。




P1100823.jpg

さて、1週間ぶりの本州です。

残念ながら明日からは仕事だというのに、壮絶な東北道700kmの旅路が残っています‥






いやしかし!!

ちょっと遠回りしてでも見ておかなければならない場所が東北にはありました。





一ノ関あたりで東北道をいったん降りて、太平洋方面へ東進します。











P1100859.jpg

宮城県・南三陸町です。

これでもかなり瓦礫の処理が進んだ後なのでしょうが、本格的な復興はだいぶ先のようです。











P1100831.jpg

本来なら、奥のトンネルから手前に向かって、JR気仙沼線の線路が伸びていたのですが‥
痕跡すら残っていない状態です。











P1100868.jpg

オシャカになってしまった車が至る所に廃棄されていました。
中には外傷のない車もありましたが、水没でアウトになってしまったようです‥












P1100839.jpg

見るも無残な状態ですが、逆にこれだけ残っているだけでも奇跡なのかもしれません。












P1150271u.jpg

何十トンもあるであろう、コンクリートの堤防もこの状態です。



何か食べるなり土産買うなり、お金を使うことで多少でも復興の一助になればと思いましたが、
「店」どころかそもそも家も建物も何もない状況に唖然としました。



結局そのまま東北道に戻る以外に選択肢はありませんでした。











P1100873.jpg

再び東北道に復帰し、福島のサービスエリアにて。
だいぶ雲が多くなってきました。夕立がきそうな気配がプンプンです。



その後‥案の定、栃木と福島の県境付近でトンデモ豪雨に巻き込まれました。











P1150288.jpg

緊急退避した那須高原のSAにて。
栃木県民は、血液の代わりにレモン牛乳が体内を循環している模様です。











P1150287.jpg

つーかこのハンパない雷雨、いつになったら止むのか‥




結局那須SAを出た時には22時を回っており、漸く自宅に着いた時には深夜2時でしたwww
翌日、職務をほぼ放棄していたことは言うまでもなく。



さて、今回の北海道ツーリングですが、総走行距離は‥ 3,855kmでした。
かかった費用は‥


食費   :些末な範疇
ガス代  :約28,000円
高速代  :約12,000円
フェリー代:約18,000円
宿泊費  :0円
すすきの :察して下さい
---------------
合計   :約58,000円+α



意外にガス代がけっこうかかりました‥ 175リットル も消費したようで。


車検も待っているので今後の緊縮財政は必至です。
ドル安、ユーロ安、給料‥安ッ!!  人生がデフォルトしないことを祈ります(笑)



これにて北海道2012ツーリング、

終劇


こちらをポチッとやっていただくと、他のトラ乗りの秋ツーリング記事に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2011.10.03    カテゴリ:  ツーリング(北海道) 

   れ、連邦の機関車はバケモノか!


前回のつづき>


層雲峡で直江兼続にシバかれそうになりつつも、三国峠を越えて糠平湖を経て、
上士幌町までやってきました。


そして上士幌といえばココしかないですね。



P1150181.jpg

ナイタイ高原牧場!!


たまたま同じタイミングで到着した、カワサキ「Z1000P」の方に声をかけて、
一緒に写真を撮らせていただきました。以前にシアトルで見かけたけど、やっぱカッチョエエ‥










P1150213.jpg

別れ際にはピースサインも頂戴しました(笑)


さて、ナイタイを後にして、さらに南下を続けます。
後は今夜の苫小牧からのフェリーに間に合うように走ればいいだけです。











P1150216.jpg

こちらは十勝牧場のダートde並木道。

0円マップ北海道でもオススメになってたので行ってみました。











P1150223.jpg

コレは新得駅近くに展示されていたデゴイチ。

北海道は至る所で保存されているSLを見かけることができます。




ちょっと遠回りになりますが、新得から国道38号で狩勝峠を越えて、トマム方面を目指します。











P1100807.jpg

ココはJR石勝線の峠の信号場。

新鋭ディーゼル機関車が1両だけで通過していきました。




ちなみにV型12気筒(最高出力2,071馬力)という暴れ核弾頭を2つも搭載してるそうです。
戦車かよ(笑)というより、もはやモビルアーマーのレベルです。


馬力で勝負なら、貧弱愛車があと80台ないと勝てません‥
まぁ80台並べて綱引きしたところで瞬殺でしょうが。











P1100813.jpg

トマム駅近くの牧場にて。なんてこたぁない牧場なんですが、
羊にしろ馬にしろ、なぜかチビっこばかりが集められてました。平和ダナー











P1150245.jpg

夕張まできたところで、ついに北海道ツー最後の夕日がかくも鮮やかに沈んでいきました。

またいつの日かこの地で!!











P1150253.jpg

さあ最後の晩餐はガッツリいきまっせ~!!
サッポロビール庭園内のレストラン、ヴァルハラにてヂンギスカンをいただきます。











P1150258.jpg

さて、北海道最後の1枚は、苫小牧港フェリーターミナルすぐ近くのセイコーマートを。
わかる人にはわかる、北海道ライダーの登竜門的なコンビニです(笑)


函館に上陸してからあっという間の1週間でしたが、やっぱ北海道はサイコーでした。
次に来れるのはいつになることやら。












復路のざっくりとしたルートはこんな感じです。


1週間走っても全然回りきれませんね。道東なんてカスりもしてません(笑)
さすがはデッカイドーです。あと何回来ればコンプリートできるのやら。






さあ、後は青森から東京までのサディスティックな行程を残すのみとなりました。


<つづく>


こちらをポチッとやっていただくと、他のトラ乗りの秋ツーリング記事に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ


Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog