プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.31    カテゴリ:  ツーリング(関東) 

   ★スクランブラーで締めくくる志駒林道2013

前回 の続き>

素掘りトンネル王国の志駒林道ですが、泥んこエリアも無事に突破してゴールまで到着。
広場で少し休憩していると、何やらトンネルの方からエキゾーストが近づいてくるではないですか。


ブロロロロロ‥   ブロロロロロ‥



こ、これはもしや‥






P552121.jpg

       / ̄ ̄ ̄\
     /  ─    ─  \   チーン
    /   <○>  <○>  \.
    |    (__人__)   |
    \     ` ⌒´  /
    /             \



万が一、こんな199X年な感じのお兄さんたちが来て、「ちょっとお前ジャンプしてみろ」
とか言われたら顔面ブルーレイですが、果たして‥










P1060855.jpg

セーフ!!(笑) やって来たのは正統派のオフローダー2台でした。


しかし終点の広場までは進まず、その手前で一服を始めてしまいました。
もしや見慣れない変態オンロード車を警戒している‥?!










P1230677.jpg

とはいえ夕刻も近いので軽く会釈をして通り過ぎ、お先に引き返すことに。
再び不気味でファニーな素掘りトンネルに突入します。


しかしこの後は何かあっても彼らに助けてもらえるという、超絶他力本願の安心感‥(笑)











P1230682A.jpg

今までは進行方向のトンネル内写真ばかり載せてましたが、ちなみに逆方向から撮影するとこんな感じ。
出入り口以外はガチで真っ暗です。日没後の様子は想像もしたくありません(笑)











P1060857.jpg

おっと、トンネルのど真ん中で写真撮っているうちに、さっきのオフローダー2台が早くも戻ってきてしまい
邪魔なMY糞バイクをよけてあっという間に通過していきました。


これでこの後何かトラブルがあっても、死あるのみ(笑)











P1230688.jpg

しかし逆に言えばもう誰も来ないということなので、開き直って撮影大会を続行。
なかなかホラーでクールな写真が撮れるじゃありませんか。


でも何かさっきから嫌~な気配を感じるなと思って上を見たら‥





まさか‥




まさか‥






ljukhygds.jpg

キャ━━━━━(;゚Д゚)━━━━━!!!!



コレにはマジでビビりました‥。コウモリって昼間はこんな場所に潜んでるんですね‥。


でも向こうにしてみたら、熟睡中にアホが勝手に人ん家に上がりこんできてアイドリングしながら
ライトを煌々と焚いてんだから、高田純次の早朝バズーカに匹敵する迷惑行為です(笑)










P1230692.jpg

そんなこんなで、ついにスタート地点に無事に戻ってきてしまいました。
距離的には全然大したことなかったですが、かな~り満足感の高い林道でした。


これにて高宕・田取・志駒の3林道ミッション、完全クリアです!!(祝)
いずれ狙う本命の六本木・竹岡に比べれば、前哨戦にもならないかもしれませんが‥









P1230698.jpg

日没後のトワイライト東京湾。小さいですが右奥には富士山のシルエットも写ってます。


自宅を出たのは朝4時台だったのでクッタクタですが、最後は渋滞のアクアライン完抜けという
ミッションがまだ残っております。そう、家に帰るまでが運動会なのです。











P1060863.jpg

そしてアクアラインを抜けて川崎浮島の工場群。


缶コーヒー片手に遠い目をして意味深に「あばよ」とか言ってみたいところですが、
今からそんな悠長に黄昏る元気は残っておりません(笑) 


何はともあれ、これにて15時間の日帰り房総林道ツーリング、無事に終了です。











P121064go.jpg

本年もバカ記事に永らくおつきあいいただき、本当にありがとうございました!!
来年も引き続きおいしいトラブルに見舞われる様、初詣で祈願して参ります(笑)


それでは皆様、よいお年を!!


こちらをポチッとやっていただくと、初冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

スポンサーサイト

2013.12.29    カテゴリ:  ツーリング(関東) 

   恐怖、怪異、志駒林道

前回">前回 の続き>


田取林道を経由して本命の 志駒林道 に到着するも、スタートからいきなり鉄砲水の跡の
砂利地獄とナゾのナンバーなし放置車両。人の気配も全くなく、不気味なことこの上なし。



P1230636.jpg

しかし変態オフローダーは時たま侵入しているらしく、バイクの通った細い線はハッキリ残っていて、
そこだけはきれいに砂利がはねのけられています。


この偉大な先人たちの残した道をゆーーーっくりトレースしまして‥











P1230638.jpg

まずは序盤のトラップを無事クリア!!

こういう所は敢えて慎重に行かず、とにかく勢いで駆け抜けるのが吉ですね。











P1230640.jpg

この志駒林道も素掘りトンネルの宝庫ですが、もちろん舗装されているトンネルは皆無で、
本当に自然のままの姿で残ってます。


ぜひとも東京オリンピックまでに首都圏の素掘りトンネルをもっと拡充してほしいものですが、
超絶ド変態が国土交通大臣にならない限り、予算は出そうにありません。











P1230642.jpg

こんな感じで90度曲がって突入する素掘りトンネルもあるんですが、もはや魔窟に近い光景。
ゾンビやプレデターが出てきても違和感ない不気味さです。


会社の役員室みたいなものですね。











P1230653.jpg

案の定、トンネル内はこんな感じでしっかりヌタっております。さすがに下調べせずにヒャッハーして
突っ込む度胸はないので、事前に中を歩いて安全そうなトレースラインを探します。


おかげでペコスブーツがグッチャグチャですが(笑)











P1230663.jpg

泥んこ遊びをしながら更に探検は続きます。もはや何本目か忘れましたが、ここが志駒林道では最も長いトンネルです。
出てくるのは妖怪か、UMAか、はたまた会社の役員か‥


いずれにしても成敗しないといけないですねぇ。











P1230658.jpg

中はこんな感じ。出口が見えてるからまだ多少は安心感ありますが、もし中でカクカク曲がっていて
前も後ろも真っ暗だと、小便ちびりながらフルスロットルで駆け抜けるレベルです。


日没後は見えてはいけないものが見えそうですね‥











P1230664.jpg

こうして恐怖トンネルを抜けていくとゴールはもうすぐそこ。この落石でガレた区間を慎重に抜けて
小さな鉄製の橋を渡ると少し開けた広場に到達しまして‥










P1230667.jpg

ハイ、ここが志駒林道の終点でございます。このすぐ後ろにはかなりデカい陥没がありますが、
そこから先もちょっとだけ道っぽくなっており、歩いて行ってみると‥










P1230665.jpg

数十メートル進んだ所でコレ。この先は極限の変態トライアル車でも厳しそうです。


但し、ツーリングマップル上ではわずかに点線が続いており、全てを無視して進み続けると
前回の房総ツーリングで通った 山中林道">山中林道 のどこかに出るみたいです。


人柱チャレンジャーの出現、心よりお待ちしております(笑)


<つづく>


こちらをポチッとやっていただくと、年末のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2013.12.27    カテゴリ:  ツーリング(関東) 

   高宕林道を経て田取林道、からの~ ・・・

前回 の続き>

高宕林道の落石&倒木イベントを突破し、亀山ダムあたりで少し休憩した後、次の林道へ向かいます。



P1230617.jpg

房総スカイラインは通常なら有料らしいんですが、「国道410号大戸見トンネルう回路のため無料」とのことで
料金場は完全スルー状態となってました。


しっかしツーリングマップルにも書いてありますが、本当にスカイラインとは名ばかりですね‥。
まさにただの山間路。千葉の道路交通課、どんだけ盛ってんだよ‥。











P1230618.jpg

そしてやってきたのは 田取林道!!

県道88号の戸面原ダムのあたりから市民の森に入り、グングン登っていくと途中から未舗装路に突入します。











P1060853.jpg

そういえば途中ですれ違ったオフローダーに「そのバイクじゃキツくないですか?」と声をかけられましたが、

「マゾなんでこれが気持ちいいんです」 ‥と至極簡潔に返答しておきました。












P1230622.jpg

この林道、マディな部分はほとんどありませんが、とにかく地割れと陥没がヤバス。
路面のルート取りを誤ると一気に陥没へ流れて落ちるしかなくなります。


人生と同じですね。












P1230620.jpg

しかも場所によっては勾配も急なので、重量級のマシンはコントロールに苦労します。
南側から入ると下りになるので、ブレーキ操作が難しいことこの上なし。


そんな時は脳内でダチョウ倶楽部をやりながら半笑いで進みます。











P1230630.jpg

残念ながら熱湯コマーシャルのような事態には遭遇しないまま、田取林道を無事に完抜けです。

しかし‥  あくまでも本日のメインディッシュはこれからです。











PM1070922.jpg

この田取林道のすぐ左側、ピンクで塗った所がそうなんですが、ツーリングマップル上ではなぜか
ダートを示す縞々カラーにはなっておらず、林道の表記も皆無です。


しかし、こここそが知る人ぞ知る噂の‥











P1230633.jpg

ハイ、  志駒林道!! でございます。

下調べの結果によると、レベル「中」程度のピストン林道の模様。果たしてまた無事にここへ戻ってこれるのか、
はたまた壮絶な獣道を蹂躙して、全くあさっての方向へ完抜けしてしまうのか。











P1230634.jpg

しかしスタートして間もなく、いきなり河原のような光景が目の前に。どうやら鉄砲水らしきものが
林道を横切って流れた模様。ゴッツゴツのデカい石ころがカーペットのごとく敷き詰められてます‥。


そしてその手前にはなぜかナンバーの取り外された青い放置車‥。全然廃車っぽくないし、スタートから不気味すぎ。

これはもしや何かの伏線なのか‥










P1230637.jpg

兎にも角にも、まずはこの河原地獄を突破しないことにはスタートすらできません。
ビミョーにオフローダーの通った跡が残されてますが、果たして無事にトレースできるのか。


<つづく>


こちらをポチッとやっていただくと、初冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2013.12.25    カテゴリ:  ツーリング(関東) 

   林道オリンピック新種目・倒木ヘイヘイホー

前回 の続き>



keihou_201312231905166cc.jpg

             ビーッ ビーッ ビーッ ビーッ










patarnao_20131223190517be2.jpg

                     「パターン青!!」











P1230531(3).jpg

落石区間もなんのその、軽く突破して侵攻を続けているとまたしてもトラップが出現!!(歓喜)


ちなみに右側は崖になっているので退避路はなし。これは今度こそ撤退せざるを得ないのか‥。
‥などと心にもないことを言ってみたり(笑)











P1230534 (2)

しかも上段・中段・下段攻撃のトリプルコンボ。断固として通すまいとする悪意をひしひしと感じます。
しかし‥下段にスキを見つけたり!!


上段・中段はどんだけ押してもビクともしませんが、下段は全力で押せばわずかに動くので、
これを奥のほうに押し出せばバイク1台がギリ通れるぐらいのスペースは作れるかもしれません。











P1230542.jpg

小枝のようなガリガリ手足で丸太を全力で数cmずつ動かして、やっとここまで来ました。


そりゃオフ車ならこんな丸太乗り上げて進むぐらい屁でもないんでしょうが、このデブ車体で腹がひっかかって
左に倒れようもんなら、崖下までフリースタイルモトクロス大会に強制参加となります。


ノコギリでもあればヘイヘイホーして瞬殺なんですが‥












P1230550.jpg

そんなこんなでこのトラップも人類最速の22分でクリア!!

今回もなかなかトラブルに恵まれませんねぇ‥












P1230556.jpg

林道後半も素掘りトンネルは続きます。コレ、背の高い車だと思いっきり屋根がガチコーンしそうですが‥。
四輪オフローダーにも体を張ったブログネタを提供してくれるニクい林道ですねぇ(笑)











P1230566.jpg

そしてココが林道ラストのトンネルのようです。どっち側も出入口近辺はちゃんと舗装されてますね。

余計なことを‥(怒)











P1230568.jpg

こうしてたかだか数キロの林道を2時間以上かけて完全撃破!! 


途中で写真撮るのに夢中になってる間にハイカーのじい様に抜かされたんですが、
結局その後、抜き返すことは一度もありませんでした(笑)












P1230573.jpg

完抜けして下山していく途中の民家でお父さん犬を発見!! 

お父さんというよりだいぶ爺様でしたが、老いた体にムチうって不審者に向かって吠えていただきました(笑)


さて、次回は本日2本目、あのピストン林道に宣戦布告です。


こちらをポチッとやっていただくと、初冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2013.12.23    カテゴリ:  ツーリング(関東) 

   【世紀末】落石でヒャッハーする高宕林道

前回 の続き


早朝の高宕林道に侵入し、人生初の素掘りトンネルにヒャッハーしながら順調に進みます。


が‥




P1060765.jpg

中間地点あたりで、巨大岩石の崩落ポイントが出現。ドMにとっては絶妙かつ大興奮ものの
クリアランスが空いており、これはチャレンジしないわけにはいきません。


いつものことながら‥











kljhgjfds.jpg

「当たらなければどうということはない」  ‥を地で行きます。



しかし図に乗ってこのような性格が日常でもエスカレートしていくといずれ、

「クビにならなければどうということはない」

「捕まらなければどうということはない」


‥などと言い出し、よくある転落人生が3倍速く訪れます(笑)













P1360147.jpg

さて、これは上からの図。エンジン部分は行けそうですが、問題は後ろのマフラーとサイドバッグの所ですな。
両側にマフラーが出ているボンネビルだとゲームセットの模様‥。


慎重~~~にさらに前進を開始すると、マフラーの前にまずステップがガツーンしましたが
そこはどうでもいいのでパワープレーで押し切ります。





そしていよいよマフラー部分に。











P1230500.jpg

昨夏に富山で全回転して半壊した左サイドバッグは、けっこう頑丈というか割とどうでもいいので、
バッグを岩にこすりつけながら限界まで左側に寄せてこのクリアランス。


残念ながらセーフ(笑) あいにく皆様ご期待の岩ヤスリにはならず‥。











P1230503.jpg

落石区間を無事突破すると、今度は究極の二択分岐路が!!


脳内のデーモン小暮閣下がしきりに右だというのですが、脇から舞い降りてきたローラ似の天使が
ウフフ左だよオッケー☆ ‥というので左に行ったら幸か不幸か正解でした。


どっちにしても早めに診療内科か脳神経外科に行った方がよさそうです。











P1230508.jpg

それにしてもせっかく早朝から林道に突入したのに、山深いせいか木々や山の上の方しか
朝日が当たらず路面は暗くてウェットなままです。陽の光が欲しいぜ‥。



しかしそんな我が声がサンタさんに届いたのか‥











P1070920.jpg

いつの間にか社畜以下の虫ケラに降格していた模様‥ ( 'A`)

それにしてもいかついサンタさんですねぇ‥。











P1230514.jpg

そんなわけで、強烈な朝日が差し込む ウハウハゾーン がいきなり出現!!
写真好きにはヨダレもののスポットライトです。












P1060770.jpg

サンビームがガンガンにキマっているポンコツ愛車を後ろからズームで。
さすがにこの光線下ならどんなレンズでもよく写りますね。











P1230529.jpg

タコも時計もダンパーもない、シンプルなハンドル&メーター回りもなかなかシャープな写り具合。



しかし喜びも束の間、この直後にまたしてもイベントが‥











P1230532.jpg

ファ‥、ファッ?!?




<つづく>


こちらをポチッとやっていただくと、初冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ


Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。