プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2017.04.15    カテゴリ:  カメラ 

   ★E-M1 Mark II ‥以外をコンプリート。



P1260195.jpg

む、またもや地下シンジケートからブツが到着したようですね‥。
これも末端価格に換算すると銀座で山が買える金額になりそうです。




そのブツとは‥











ytfd5.jpg

E-M10 Mark II キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



ちなみにオリンパスの機体に関してはかれこれ、


E-M1     ⇒ 売却済み
E-M5     ⇒ この前壊れたけど修理済み
E-M10    ⇒ 売却済み
E-P5      ⇒ 売却済み
E-PM2    ⇒ 売却済み
E-M5 Mark II  ⇒ 売却済み
E-M10 Mark II ⇒ NEW!!


‥という破竹の自転車操業となっております(笑) 
なので今回のE-M10 Mark II は7号機ということになります。












retrytuu.jpg

DxOMARKのスコアはこんな感じで73点!! ついに80点台に乗っかったE-M1 Mark II はちょっと別格ですが、
我が家の機体のセンサー戦力差はほとんど大差ございません。


まあ画像処理エンジンや画素数、ローパスフィルターの有無で多少は違うんでしょうけど、
そんな細かな違いがわかるような精緻な眼球は持ち合わせておりません。













P1260202.jpg

フロントの外見は初代E-M10にソックリですね。OM-Dシリーズの中では唯一フラッシュを内蔵してるので
頭のとんがり具合がちょっと緩やかなのと、軍艦部の質感がE-M5 Mark IIとちょっと違います。


ほとんど同じ大きさのE-M5 Mark IIは質実剛健なカタマリ感があるんですが、それに比べるとE-M10 Mark IIの
軍艦部質感はちょっとチープな感じがします。 ま、そのあたりもお値段並みということですね。












P1260203.jpg

ていうか半年足らずで格上機のE-M5 Mark IIを早期売却した一番の理由は、バリアングル液晶!!
何を撮るかでその評価が大きく変わるんでしょうけど、自分には超絶使いづらいです‥。


横に展開してから更に回転させるという動作が鬱陶しくてしょうがないんですよねぇ‥。格納する時も然り。
GX8はEVFがめっちゃ綺麗なのでその点は我慢して使ってますが。


ちゅーかE-M1 Mark IIもバリアングルになってしまったので、オリンパスのOM-Dシリーズで
チルト液晶なのはこのE-M10 Mark II だけです。












P1260204.jpg

自分はそこまで抵抗ないですが、90°回さないといけないこの電源スイッチはボロクソに言ってる人もいますね(笑)
でも右側のダイヤル類の質感はMark IIになって大幅に改善された気がします。


ちなみにダイヤルそのものの全高も少しUPしており、位置も含めてめっちゃ回しやすいです。
こういう操作性の良さはオリンパス機の一番好きなポイントです。












そして今回も+αで飛び道具がございまして‥











P1260182.jpg

怪しい中華航空便で到着致しました謎の黄色い封筒。
開けた瞬間にボカンでアフロヘアーになる定番のやつですね。







いざ開封致しましたところ‥











trydtfyg.jpg

                  チ ュ ド ー ン ! !


ハイ、E-P5・E-M5 MkⅡに続きましてまたまた中華製グリップの登場でございます。
AMAZONでの購入で、価格は純正グリップ「ECG-3」の約半額の3,000円!!


歴代の中華グリップはいずれも持ち手部分がめっちゃデカかったですが、この「iShoot」とかいうブランドは
純正グリップの形状をうまいことパクッており、非常にスマートで持ちやすいです。












P1260190.jpg

そしてバッテリー部分はちゃんと切り欠き仕様になっており、グリップを装着したままバッテリー交換が可能です。
純正の「ECG-3」は合体部分が別パーツなのでいちいち外すのが面倒なんですよね。


また、E-M1やE-M5シリーズはメモリーカードが側面から出し入れできますが、E-M10シリーズは
バッテリーと同じく底面なので、切り欠きになってる方が圧倒的に便利です。













P1080838_20170415094600995.jpg

最初からコイツがあるおかげで、重いレンズ付けててもホールド性はかなり秀逸です。
暗くて足場が不安定な林道での撮影でも、1段分ぐらいはシャッター速度を稼げそうですねぇ。


本格的なルンペンシーズンに向けてこれからガンガン持ち出そうと思います!!



こちらをポチッとやっていただくと、春本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

スポンサーサイト

2017.04.09    カテゴリ:  カメラ 

   【ポンコツ】 カメラ故障







keihou_2014100123091145b.jpg

        Beep! Beep! Beep! Beep!













P012123_20141001230914af2.jpg

         「パターン青!!」














P1100414.jpg

            シャッター幕がオシャカです!!






       / ̄ ̄ ̄\
     /  ─    ─  \   チーン
    /   <○>  <○>  \.
    |    (__人__)   |
    \     ` ⌒´  /
    /             \











P1360794.jpg

2014年5月に中古で美品を購入したE-M5ですが、なんといきなりのシャッター幕故障‥。
撮影中に幕が閉じたまま戻らず、電源を切ってもリセットされず、全く操作を受け付けなくなってしまいました。


ネットで検索すると同じ症状になった人もそこそこいるようで、たいていのケースでは底をポンポン叩いたら
幕が元に戻った!!という記事が散見されましたが、自分のは何回叩いても治らず。














M10K0494.jpg

こうなったら全速力でオリンパスプラザ東京に凸撃です。





         ___
       /     \   
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●)   \    このポンコツメーカー、早く治せよ!!
     |       (__人__)  |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


   クズ野郎(笑)












M10K0493.jpg

そんでもって出てきたお見積もりはコチラ。概ね15,000円ぐらいは覚悟しやがれとのこと。
中古で購入してるのでもちろん保証は効きません。


ていうかE-M5のレリーズ耐久のメーカー公称値って10万回じゃなかったでしたっけ?
まだ3万回ぐらいなのにいくらなんでも早すぎだろ‥。







         ___
       /     \   
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●)   \    御社はカメラ界のカワサキか!!
     |       (__人__)  |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


      失礼(笑)







確かにバイクはいろんなところに落としましたが、カメラを落とした記憶は皆目ございません(笑)












EM580390.jpg

そしてそれから1週間後、無事に修理が完了したとのことで取りに行ってきましたよ、と。













P4660194.jpg

結果、修理代金 12,096円也‥

本当は17,280円ですが、幸いたまたまプレミア会員になってたので30%OFFになってこのお値段に。


結局修理ではなくシャッターユニットを新品に交換しただけのようで、部品代そのものは4,000円だそうです。
1/4,000秒とかで動くので超精密機器のイメージがありますが、案外安いんですね。













P1370137.jpg

もはやE-M5はオークションだと2万円ぐらいで買えちゃいますし、12,000円払って直すかどうかは
ちょっと悩みましたが、昨秋にグリップも買っちゃったので引き続き活躍してもらうことに。


今度こそ10万回耐久してもらいましょうかねぇ。












P1360801.jpg

カメラもレンズもけっこう短いサイクルで買ったり売ったりしてますが、このE-M5はなんだかんだで
一番たくさん撮ってきたので、ルンペン・トラブルシリーズの生き証人でもあります。


最新の機種に比べるとEVFもだいぶ見劣りするようになってきましたが、センサー性能はそこまで大差ないですし、
堅牢な防塵防滴は野宿ツーリングでも安心できるんですよね。












PM060936_20170409043235d39.jpg

そんなワケで、我が部隊の中では傑出した黒光りの老兵ではございますが、
今後も引き続き銃弾が飛び交う最前線で活躍していただこうと思っとります。


ちなみにコチラは昨年のGWの会津ツーリングの時の写真ですが、今年はどこへ行きませうか‥。



こちらをポチッとやっていただくと、春本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2017.04.02    カテゴリ:  カメラ 

   Σ19




trvf

さてさて、今回は比較的リーズナブルに機材追加でございます。


では届いたブツの正体は‥













dtufykgl.jpg

シグマ 19mm F2.8 DN キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!



気づけばマイクロフォーサーズ使い始めてから既に6年が経過しましたが、HOLGAのトイレンズを除くと、
パナとオリ以外のレンズ購入は今回が初めてでございます。















お値段ですが新品を約14,000円で購入。電子接点もあってちゃんとオートフォーカスも効く単焦点が
このお値段とはなんともリーズナブルですね。しかも我が国ニッポン製ですYo!!


焦点距離がほとんど同じのパナの神レンズ「LUMIX G 20mm F1.7」だと、ちょうど倍の値段しますからね。
マイクロフォーサーズは、カメラメーカー純正の撒き餌レンズが少ない気がします。













M10K0574.jpg

お値段は安いですがもちろん前後キャップが付いてきますし、マウントも金属製です。
そしてなんとフードまで付属してくれるという良心っぷり。


ていうか、どこぞの某メーカーの商魂が醜いだけかもしれませんが(笑)














M10K0573.jpg

しかもこれで終わりじゃないですよ、ジャパネットたかた並みの勢いでこれでもかとオプションの嵐。
今回は更にこのレンズポーチもお付けしてなんと14,000円!! 14,000円ですよ!!


パナの一部のレンズにもポーチは付いてきますけど、ただの布ですからね‥。
こんなファスナーまでついたちゃんとしたポーチはたぶんシグマだけでは。













M10K0576.jpg

グリップつきのオリンパス・E-M5に装着するとこんな感じです。
間違ってもパンケーキとは呼べず、ビッグマックに近い感じのボリュームですね。


まあ設計に無理がないからこのお値段を実現できたんでしょうけど、
f2.8ならもう少し小さくできなかったのかな‥という感じはします。












P1110004.jpg

パナの20mmパンケーキと比較すると、厚みの差はこんな感じです。フードを付けたシグマの19mmは
パナのちょうど倍くらいですね。さすがにこれではカバンに入れっぱなしというのは難しそうです。


ちゅーか焦点距離まる被りなのに敢えて買った理由ですが、パナの20mmは画質は文句なしなんですが
連写時の速度とオートフォーカスが遅くて、イベントによってはかなり不便なんですよね。












M10K0579.jpg

なのでこの19mmには画質はそこまで期待してないんですが、この輝く「A」のマークの通り、
シグマのラインナップの中では「Art」に属するようなので、そこまで手抜きではないようです。


シグマの同じマイクロフォーサーズ用ラインナップの中では、この19mmと30mmについてはあまり
レビューを見かけないですが、「60mm F2.8 DN」についてはやたら評判いいみたいですね。












ytfdtrs

レンズ構成とMTF曲線はこんな感じです。中央から中間域にかけてはかなりよさそうですが、
そのぶん周辺部の落差が大きそうですね。


ただしズームレンズと違って単焦点レンズは、画質はすこぶるいいのになぜかMTF曲線は超絶凡庸、
ということがよくあるので、こういったデータはあまり参考にならないかもしれません。













EM590702.jpg

で、軽く試写したインプレですが、フォーカス速度は全く文句ないレベルで精度も十分です。
レンズはやや大きめですが、装着するボディによってはパンケーキより持ちやすいかもしれません。


画質については、中央部についてはかなりいい感じに先鋭に写ってくれますね。ボディ側での補正に頼れない
サードパーティー製で、この画質が14,000円で買えるとはコスパ高すぎでしょ。












srdtfgth.jpg

ただ、デジタルでの収差補正が効かないためか周辺部はかなり雑ですね。f5.6ぐらいまで絞れば多少改善はしますが、
開放近くで撮るとかなり流れます。ボケ方もそこまで綺麗な感じではありません。


ツーリング先とかでバイクを隅に入れて撮ろうとすると、バイクの解像がユル~い感じになっちゃうかも。











P4660155 - コピー

まあでもこのレンズのいい所は、10万以上するような単焦点と違ってとにかく気軽に持ち出せることですね。
10万円以上するような単焦点は買ったことがないですが。


特にこういう予測不能の動きをする被写体にはフォーカスの速いシグマが最適ですね。
撮影シーンによって、パナの20mm/f1.7とうまく使い分けていこうと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、早春のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog