プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ 

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2013.08.22    カテゴリ:  ツーリング(北陸) 

   スクランブラーで行く利賀村と上百瀬林道Ω

前回 の続き>


初日は早暁から関越を飛ばして昼前には日本海に到達、その後は国道8号をゆるりと西進して
夕方に富山に入りました。約500kmの走行で疲労困憊、この日は早めにキャンプインします。


そして翌朝‥




P1350299.jpg

テントを開けるとそこは‥清々しい朝日や小鳥のさえずりなど皆無の、人工物満載の風景。
そして聞こえてくるのはトラックの通過音と、近くの田んぼの農薬散布のブロワー音‥




何やらこれまた既視感満載の‥








P1030799.jpg

ハイ、今回ももちろん宿泊先は インターコンチネンタル高架下!!(笑)

1年前 の左ヒザ縫合バトルの時から何も進化なし(笑)


真上を大型トラックが通る度、振動で高架橋からコンクリの小さな破片がパラパラ落ちてくるという、
心温まるオプショナルサービスつきの宿となっております。










P1030614.jpg

さてさて、まずは本ツーリングでの1号林道へ向かうべく、1年前の事故現場を通過しつつ(笑)、
南の山間部を目指します。牛岳温泉スキー場を越えたぐらいで既にこの緑の深さ。


なお、超広角レンズのせいでハンドルが凄まじくチョッパーになってますが(笑)、
実際はド・ノーマルのままでございます‥。







そして県道59号を冒進してもうちょいで国道471号に出るかな、という所で何やら前方に障害物が‥








P1210947.jpg

アアン?  何すかこのやる気のなさは‥(笑)

チェーンでガッチガチだと意地でも突破してやろうと、ロクでもない情熱が燃え上がりますが、
逆にここまでテキトーすぎると、脱力感でホントに引き返す気になってしまいそうです。


まさかそういう高度な心理戦? もちろん完全スルーで先に進みますが‥







確かにこの先の区間、小さい落石が多数転がってましたが、どうにも石ころには見えないものが1つ、
路上に転がっているのを発見‥










P1210977.jpg

路上で酔いどれのオッサンを発見!!

セミのオッサンもやる気をなくすこの暑さ(笑) 研究記事で載ってましたが、実際のところセミにも
高温への耐性限界があるらしく、35℃あたりを超えてくると急激に活動が鈍るそうです‥


フラフラと路上でひたすら円を描いて歩いていたので、そこら辺の木に戻しておきました(笑)










P1210963.jpg

そして利賀村の奥部に侵入した所で、まずは 上百瀬林道 に到着!!

距離としてはせいぜい4~5kmの林道ですが、この後のメインディッシュへの
前哨戦としてはちょうどいい腕ならしです。









P1210968.jpg

どうやら明け方にかけて雨が降っていたようで、水はけの悪い所にはトラップが多数出現中。
こんぐらい何やねん!!‥などと何も考えずにオンロードタイヤで突っ込みますと・・・


意外に泥の厚さが深かった場合に後輪があさっての方向に回転しまして、
アメリカ横断ウルトラクイズの○×泥んこクイズで誤答時のようなオチとなります(笑)


そこで生み出されるルンペンの狡猾な知恵!!








P1210969.jpg

忍法・水たまりなどなかったことにするの術!!


このクソ炎天下の中、そこらへんに落ちている枯れ枝を拾ってきてテキトーに
敷き詰めるだけの簡単なお仕事でございます。


まあ泥もはねないしちゃんと走れるし意外にオススメなんですが・・・(笑)









P1210972.jpg

泥んこ区間を抜けると、今度は静かな雑木林のダートを登っていきます。
登りきったミニ峠の向こう側は既に舗装されてましたが、見晴らしはそこそこ良好でした。











P1210981.jpg

その途中、林の中に 鴻の貴水 なる湧き水を発見!! 


これぞまさに真夏のオアシス。何でも古くからの言い伝えで、この水をよく飲むと男児に恵まれるとか。
まずその前に女性に恵まれないと何も意味がないんですが。全く気の利かない泉ですねえ。











P1210989.jpg

せっかくなのでペットボトルに汲んでスタバのVIAを入れて、人気の全くない山中で
ずんだ大福とアイスコーヒーという謎の昼メシタイムに移行です。






メシを食ったら県道34号に出て、岐阜県境に向けて更に南下を続けますが‥






P1210991.jpg

なぬ?! コレは‥。 

通行止めなんぞ気にもしないんですが、読んでいると2回出てくる「当分の間」などという
お役所的抽象フレーズに、堪忍袋の緒が大噴火寸前です。


はてさて、本ツーリングのメインディッシュともいえる全長30km弱の未舗装路、

牛首林道 までたどり着けるのやら‥。



<つづく>


こちらをポチッとやっていただくと、夏本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト
確かに実際に通行止めかどうかは、行くか戻るかの判断基準じゃないんですよね。
とにかく行ってみてちゃんとこの目で確かめて、その結果が全てという‥。

バイカーってのはそういう損得勘定・リスク管理のヘタな
変態気質が多い気がします。自分のことは棚に上げて(笑)

ちなみに以前に友人が長野で同じように野宿していたら、寝ている時に
ヤンキーにロケット花火で襲撃されてました(笑)

最終的には「運」が全てでしょうね‥。ただ、どんなに運がよくても
美人のお姉さんはテントには入ってこないのでご安心下さい。
通行止めの標識くらい当てにならない物はないでしょう。
トラップかジョークかってくらいの感じで、行ってみて自分の目で確かめないと気が済まないってくらいのもんです。

宿泊場所を選ばないってのは、ツーリストとしてかなり有利な能力ですね。
私なんぞは気が小さいので、夜中に色っぽいオネーサンが来て添寝してね・・なんて言われたらどうしようとか、強面のオニーサンが突然テントに入って来て怪しげな紙袋を「これをちょっと預かってくれ・・あとで連絡するから」と去って行ったらどうしよう・・とか。
そんなことを想像するとドキドキで寝られなくなってしまいます。

テントの周りに結界作る力があればなぁ・・・
などと考えてしまうオジサンであります(笑)
はじめまして!! コメントありがとうございます!!

超長期ローンで購入した愛車ですが、もはや今となっては外車に
乗っているという感覚はほぼ皆無です。

最後にディーラーに整備で持ち込んだのも何年前やら‥(笑)
トライアンフの頑丈さと、汎用部品との互換性の多さに助けられてます。

ブログ拝見させていただきましたが、pumpmanさんはレガシィと
XJRにお乗りなんですね~。写真もめっちゃきれいですね!!

またお邪魔させていただきますので、今後ともよろしくお願いします!!
選ばれたごく少数の人種のみが利用できる宿泊施設のため、
残念ながらネットでは一般市民に公開されておりません。

あまり自慢はしたくないのですが、他にも同系列のパークハイアット河川敷や
ザ・リッツカールトン道の駅などにも宿泊実績がございます。

いろんな意味でクリエイティブすぎて、motoさんの本業にも相乗効果を
もたらす可能性がありますので、機会がありましたらごゆるりと(笑)

初めまして!!
いつも拝見しております。

外車(トライアンフ)にお乗りになりながらの、豪快さをいつも楽しんでいます。
これからも楽しみにしています!!
(^◇^)

お暇な時に私のブログにも遊びに来て下さい!!

http://pub.ne.jp/kimamabike/
あいかわらず。。。なにもかも素敵ですw

インターコンチ高架下ってホテル、ググってもHPヒットしません。
是非HP作ってくださいw 日本に何店舗あるんでしょ♪
こんなアフォ日記をいつもご覧頂いて‥本当に恐縮でございます。
励みになりますので、本ツーリング編も引っ張りまくります(笑)

今回は林道よりオンロードの方が多くなりそうですが、
いい路でたくさん写真が撮れたので少しずつUPしていきます!
まだまだ、二日目。
当分の間、更新を楽しみにしているぼくです。
忍術にも長けてらっしゃるでござるな。
あっぱれ






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog