プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ 

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2013.12.08    カテゴリ:  ツーリング(関東) 

   ◆スクランブラーで登っとく鬼泪山林道

前回 の続き>


究極奥義を駆使しながら山中林道を完走し、そろそろいい時刻なんですがせっかくなので
帰りがけにもう1本、林道に寄ってくことにします。



P1060704.jpg

目指すは‥ 鬼泪山林道!!


ちゅーか、「おになみだやま林道」などと読んでた私は相当なイモ野郎のようで、
正しくは 「きなだやま林道」でした(笑)













大きな地図で見る

この鬼泪山林道は、富津中央インター近くの県道163号から、マザー牧場に至る林道でございまして、
ツーリングマップルによると未舗装区間は3kmとの記載が。


このよくわからん林道名の由来ですが、何でもヤマトタケルとかいう、いかつい無敵のお兄さんに
カチコミかけられた賊がこの山に逃げ込んで、泣いて詫びを入れたとかなんとか。


いつから日本書紀は極道作品になったんでしょうか。











P1350935.jpg

時間帯的に東京湾に沈む夕陽を期待して飛び込んだんですが、展望エリアは皆無‥。
舗装区間の路面はけっこう綺麗ですが、ひたすら陰鬱な杉林の中を進んでいきます。


どうやらヤマトタケルは花粉症ではなかったという点でも無敵のようですね。
時期が時期なら間違ってもこんな所には侵入できません(笑)













P1350938.jpg

後半からはそこそこの勾配の未舗装になり、それでも相変わらず結局ビューポイントはナシですが、
落日で木々がいい感じに真っ赤になってきました。












P1350939.jpg

登りきると某・移動通信企業の巨大アンテナが出てきて、今度は下りに転じます。
ここでもまた森全体が夕陽に照らされていて、脳内では本日のエピローグ開始です。












P1060709.jpg

東の空では巨大衛星と、珍妙なテーマパークの巨大遊具がコラボレート中。
山の上の牧場で遊園地とか、バブル臭がプンプンしております。











P1060710.jpg

最後は牧場の真横を通るんですが、これまた珍妙な草食生物が闊歩しておりました。


こちらに気づくや、最初こそこっちをガン見していましたが、ただの時間の無駄と気づくや否や
一転してガン無視モードに(笑) 正面から写真撮らせてもらえませんでした‥












P1350943.jpg

ここが鬼泪山林道の県道93号側の出口で、まさにマザー牧場の目の前に出ます。
おそらくこっち側のほうが入り口はわかりやすいですね。











P1060711.jpg

東には日没直後の東京湾が。奥に見えているのが富津岬の予感。
夜景もそこそこ綺麗そうですが、林道4本でお腹いっぱいなので撤収です。











P1350945.jpg

最後は国道409号:通称アクアラインで大都会に逃げ帰ります。土曜の夜だったのでそこそこ
渋滞かましてましたが、海ほたるから先の海底区間はそこそこ順調に流れてました。


途中で脱落した大山林道のリベンジはもちろんのこと、本命の六本木林道や竹岡林道も
サクッと突破しておかないといけないので、この冬は房総に通うことになりそうです。



こちらをポチッとやっていただくと、初冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト
いやいや、無知な私に伝説の竹岡林道の存在を教えてくれたのは
XB774さんじゃないですか!!(笑)

今はまだ難易度の低い所から少しずつ攻めてますが、
やっぱりラストは竹岡と六本木でしょう!!


先日、たまたま林道で会ったライダーから、今秋の台風でついに竹岡林道が
完全崩落したと聞きましたので、ますます見に行かないといけないですねぇ(笑)
房総なかなか楽しいですよね!


>本命の六本木林道や竹岡林道

ここで目を疑いましたがww


はまったらどうするんですか!!

余計なお世話ですが、誰かとペア組んで行った方が良いかもしれませんよ~


また楽しみにしてまーす♪
幸い、今までバイクで走っていて心霊現象的なものに遭遇したことはないですね。
鈍感すぎて、幽霊をガン無視して通過してるだけかもしれませんが‥。

仕事中は色々とけしからん妄想もしておりますが、林道走ってる時は
とにかく記事のネタになることばかり考えてます(笑)


ちなみに東京から眺める東京湾は特にどうということはないんですが、
千葉から見た東京湾はなぜかとても印象的でしたね~。

ほんと、冬じゃなかったらもう少しゆっくりしていくんですが‥
いいですねのお言葉、ありがとうございます!!

CMでは何回も見たことがある千葉のマザー牧場ですが、行ってみて初めて
とんでもない山の中にあるのだと知りました。

まさか余裕で東京湾まで臨めるぐらいの標高だったとは‥(笑)


今回走った林道のうち、この鬼泪山林道が一番フラットでしたので、
Wでも余裕かと。でもマフラーに飛び石ガツーンしたらごめんなさい(笑)
未舗装は絶対に行かないなんて、もったいないなあ(笑)

‥なんて言っておきながら、アドベンチャーのあの戦車みたいな巨体で
オフロードをどこまで走れるものなのか、かなり半信半疑ですが(笑)


そして房総の中部~南部は舗装・未舗装を問わず林道が多くていいですね!!

静岡・山梨・群馬・栃木あたりは行くために高速に乗るだけでも苦労しますが、
房総はアクアラインのおかげで超速達ですし。

またどんどんUPしていきたいと思います!!
閉塞感のある林道は何だかソワソワします。
杉木立の陰から白髪の老婆がじっと見ていたりしませんでしたか?
真っ直ぐ伸びた木の所で止まると、天狗が見下ろしているんじゃないか・・とか。
あのカーブの先に美人の水着のオネーサンがいて、うちが近いから寄って行かないって誘われたらどうしよう・・とか・・
色々と想像してると怖くなります(笑)
黄昏時に臨む東京湾ってのも良いですね。
夕暮れの東京湾を眺めながら、コーヒーを飲むのもいいなぁ・・なんて思ったのですが・・・
気温がガクンと落ちる今時分は、とっとと下るのが得策ってもんでしょうね。
無事のご帰還おめでとうございます(^з^)-☆
最後の湾を臨む写真いいですね。
あと 林道の紅葉も。
思わず自分も走りに行ってみたくなります。危険w。
またまた行ってますねぇ。未舗装は絶対に行かないアドベンチャー乗りとしては、羨ましいというか畏怖の念というか・・・。
本当に房総の林道は楽しいですね。舗装林道に限りますが。地図も入って、分かりやすくてためになる(ならない、でしょう、普通は)ブログですね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog