プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2014.05.13    カテゴリ:  ツーリング(東海) 

   新東名de見に行く大井川鉄道・SL3連発

さて、GW前半は安直に房総林道の垂れ流しでしたが、後半はちゃんと当ブログのポリシーに従いまして

ルンペンツーリングに出撃です。



P5030278.jpg

せっかくの連休、会社から1mでも遠く離れるため金曜の終電で帰宅後に
ルンペン用品をちょっ早でまとめて東京砂漠をおさらばします。


とはいえ馬車馬の如く労働に従事してきた後のため、疲労による人間OSの自動シャットダウンを阻止すべく
レッドブルを2本ブッ込んで、入ってない脳ミソをフルブーストさせます。











P5030004.jpg

下り方面は初走行の新東名!! ここはサーキットかよ(笑)

まあお仕事の方は外回り中にピットインしすぎて周回遅れの模様ですが何か。











DSCF47401.jpg

ちなみにこの後、故障車か乞食がいると勘違いしたNEXCOのパトロールカーが後ろに止まりまして‥


「故障ですか?」と言いかけたものの、私の自慢のカメラが目に入り
「しゃ、写真ですか‥」と真顔でドン引きされたのは旅序盤のいい思い出です。


サ‥サーセン!!










P5030281.jpg

途中、休憩のため寄ったパーキングエリア。オラオラこっちは外車だぞコノヤローと
薄っぺらさがにじみ出るドヤ顔で停めに行ったら隣も外車で更にバケモノだったという‥


こうなると我がパラレルツインがもはやタミヤの模型にしか見えなくなります。
いや、もしかすると本当にタミヤの模型なのかもしれません。











P50302874.jpg

そして自宅を出てから4時間半で島田金谷ICに到着!! せっかく寝ないで江戸を出たのに
SAでウトウトしてたらけっこうな時間がかかってました(笑)


ちなみに一般庶民どもはETCなる旧式の通信課金システムを利用していると聞き及びますが、
私ほどの特権階級になるとこのようなプラチナカードが発券され、強制VIPレーン対応となります。


なぜか思いっくそ通常料金取られましたが(笑)











P5060890.jpg

新東名を抜けたら国道473号を大井川沿いに北上していきます。途中、けっこう標高の高い丘も走るので
眼下に広がる小市民の街を神目線でジオラマ撮影。 フォッフォッフォ。












P5030026.jpg

最初のチェックポイントは、大井川鉄道の家山駅!!


大井川鉄道の駅舎はどこもたいがい古風な木造なんですが、なんともいい味出してます。
でも実はsuicaも余裕で使えますとかだったらドン引きですが(笑)











P5030031.jpg

おっ。今日のお目当てはジェットストリームアタックで3往復も走るみたいです。
GW中とあってフル稼働のようですね。


それでは去年の夏休みと同じポイントへ移動しまして‥











P5030102.jpg

          SLキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


しかし日頃の行いが災いしてか、モクモク煙が上じゃなくてこっち側に流れるという‥(笑)







でも大丈夫!!だってあと2本も来ますから。


そして待つこと30分、橋の向こうからドラフト音が・・・











P5030122.jpg

     第2号キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

しかし日頃の行いが災いしてか、煙がショボっ‥。  なんですかこのもやし機関車は(笑) 


もはや気持ち程度に煙焚いてるとしか‥ もしかして中身はハイブリッドエンジン?













P5030152.jpg

3本目は名もない踏切で。モノクロにしたら普通に昭和と間違えそうな光景です。
遮断機も警報機もついてないので、SLは汽笛を鳴らしてゆっくり進みます。


これが未だに日常の沿線があるというのがすごいですね。
まあたぶん東急も小田急も多摩川渡った先はこんなもんなんでしょう(適当)













P5030158.jpg

ちなみに写真撮ってる時は微塵も気が付かなかったんですが、後ろの客車からグラサンのおっちゃんが
こっちに手を振ってくれてました‥。


ガン無視してごめんね(笑)











P5030177.jpg

さて、珍妙な地方鉄道を満喫したら今度は国道362号で西方への侵攻を開始します。
丘陵沿いに広がる一面の茶畑が壮観です。朝夕の霧の時間帯はさぞかし幻想的でしょうね。


次回は天竜スーパー林道を抜けて一路、南アルプスを目指します。


<つづく>


こちらをポチッとやっていただくと、初夏のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

スポンサーサイト
ご無沙汰しております! 無難かつ安直に房総方面ばっかり
行ってましたが、視聴率低下に伴いちょっと体張ってきます(笑)

ちなみにししざるさんは富士五湖で優雅にキャンプされてたんですね。
こちらもキャンプでしたが3夜連続カップラーメンでした(笑)
ルンペンツーリング(^^) 待ってましたw。

SLのある風景ってイイですね。
かなり昔(多分30年くらい前)!に大井川鉄道は乗りました。機関車がある風景っていいなぁ。
仰る通り、木造駅舎は風情があって本当に素敵です!!
残念ながら、田舎に行けばどこでも見れるというものでもなくなってきてますよね。

私が田舎の子供の頃は蒸気機関車なんてもはや走っておらず、
花形は既に電気機関車でしたね~。

なのでpostpapaさんのように懐かしい思い出があるわけではないのに
それでも見る度にグッと来るものがあるのは不思議な魅力です。

最近は東北だと盛岡~釜石あたりで復活して走ってるみたいですね!

木が使われている駅舎は風情があって良いですね。
ホッとするのは歳を取った証拠でしょうか・・・
SLは私がガキンチョの頃は普通に走っていましたが、今では希少な動力車になってしまいましたね。
母親の実家に行く時、仙台駅のホームで待ってると出発時に汽笛を鳴らすのですが・・・
あの甲高くて大きな音が子供には怖くて怖くて(笑)
耳を塞ぐのは小さな子供みたいでカッコ悪いと思って、子供ながらに見栄を張り我慢して耐えていたのを思い出します。
ディーゼル車が珍しくて、そっちの方に目が行ってましたから時代は変わりましたね(笑)
まあそもそもどこの高速だろうと路肩止まったらダメですもんね。
あまりにも規格の高いコースだったので撮ってしまいました‥。

大井川鉄道沿線は、本当に童心の頃の夏休みに戻れます(笑)

カーブや峠も多いですが、攻めるような感じではないので、
ボンネでゆったり流す方が向いてるかもしれません。


ボディは‥完全にオリンパスに鞍替えしちゃいました!!
ただ流石にこの先少なくとも2年はこの体制で行くと思います。

でもやっぱり未だにフルサイズは気になってるので、意識が朦朧としてる時に
右手が勝手にDfをポチってしまっても私は責任取れないですねぇ。
久しぶりの王道ツーリング^o^

いやいや、新東名の路肩はスリリングですよね(^◇^;)
相当流れ速いですし…。

大井川鉄道良いですね〜
一度行った事はあるのですが当時はカメラの心得が無く…。
来年辺りリベンジしたいですw
しかし、踏切が無いというのはなかなか斬新ですね〜

P.S最近レンズ沼→ボディ沼へレベルアップしてませんか(=゚ω゚)ノ
SLは間近で見るとまるで生き物のようで特別な魅力がありますね。
鼓動のようなドラフト、豪快な黒煙白煙、そして黒鉄の鈍い輝きとか‥。

電車よりもずっと遅いはずなのに、確かにすごく短い時間に感じますね!!

せっかくすぐ目の前を通り過ぎて行くのに、ファインダー越しに眺めることが
実は物凄い勿体ないことなんじゃないかと感じることもあります(笑)

大井川鉄道さんには今後も頑張ってほしいですね。
始まりましたね。
いつもながら、テンポ良いストーリー展開に、ワクワクしながら拝見させていただいてます。
僕も経験がありますが、SLが通り過ぎる時間は、待つ時間よりも、ずーっと短いし、通り過ぎたあとは、何故か、虚しさを感じてしまいます。。。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog