プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.27    カテゴリ:  ツーリング(東北) 

   【知るか】 秋深し 私は何を する人ぞ

ご無沙汰しておりました‥。

8月に続き今月もまただいぶ間が空いてしまいましたが、お盆のひたすら雨ツーリング後、
追い討ちをかけるように私的カタストロフィーが発生しまして、しばらくもぬけの殻になっておりました(笑)


ま、それはまた後日UPするとして、先日久々に遠出してきたのでまずはそちらをお送りいたします。




P9210049.jpg

ハイ、やって来ましたよ 笹川流れ!!


‥って簡単に言いますが、江戸から関越を400kmぶっとばさないと辿り着けない悟りの境地です。 
海に関する景勝地としては、私的ランキングベスト3に入っているお気に入りスポットでございます。











P9200008.jpg

とはいえ、日本海側なので 「それどこやねん!!」 というツッコミも少なくないと思いますので、
なんちゃって都会人の皆様に解説をば。










P9270003.jpg

だいたいココです!! ‥ってこれでわかれば苦労しませんね(笑)


いわゆる新潟県の最北部の日本海沿岸で、日本百景にも選ばれてるんだとか。


そしてこの国道345号は別名:日本海夕日ラインとも呼ばれており、きれいに晴れた日の夕方はまさに絶景。
絶景なんですが日本海特有のどことない物悲しさがあり、一人だとちょっと死にたくなってきます(笑)










P9200012.jpg

おそらく昔は親不知の険のように海岸線ギリギリまで崖だったんでしょうか。そこから長い年月の間に浸食された
巨岩や岩礁が海沿いに10km以上続いていて、何とも風光明媚でございます。


冬は冬で、どこまでも続く灰色の空と強烈な吹雪の中、岩礁に無数の荒波が繰り返し砕ける様は
東海道五十三次も周回遅れのジャパニーズ風景となっております。










P9210051.jpg

海水もまたビックリするぐらい澄んでます!!


今回がもし長期ツーリングだったら喜び勇んで洗濯してたかもしれませんねぇ。
海神のしかめっ面が目に浮かびます。











P9200040 (2)

ちなみに純粋な「笹川流れ」の区間は10kmぐらいですが、実際には山形のあつみ温泉あたりまで
全長40kmぐらいこういった風景が続くので、このあたりに来たらほんとオススメですよ!!




このあたりに来る機会がないと思いますが(笑)





そうそう、ちなみに笹川流れは今回の目的ではあくまでもサブでございまして、
本ツーリングの本命は‥











P9200042 (2)

稲刈り前のこの風景!!


真夏のさわやかな緑一面の風景も乙ですが、この青と緑と黄金色のコントラストはこの時期だけ!!
ド田舎の米どころ出身としては非常にソウルフルな情景なんでございます。











P9200041 (2)

夏の名残と秋の風物詩が入り混じるこの季節は、写真好きにはなかなか堪らないですね。
気温的に、空冷エンジンにもルンペンにも優しいシーズンでございます(笑)









P9210064 (2)

これぞまさにニッポンの秋!!


こうしてちょっと遠くから撮ると、スクランブラーももはやカブっぽく見えてきますねぇ。
でもあまりにも本物のカブっぽく見える方はお疲れのようですので、人間ドッグをおすすめ致します。


万が一、レッグシールドなんかが見えちゃってる人はもう緊急入院のレベルです。










P9210065 (2)

おや、どうやらラリッていたのは私だったようで、あのおっちゃんのカブでした。これは失敬。


もはや脱法ハ〇ブ吸引が疑われるレベルですが、普段からやってることが脱法ツーリングなので
この程度は些末な問題にすぎません。










P9210028.jpg

おっと。これは急がないと稲がどんどん刈られてハゲちらかった田んぼ風景になってしまいますね。
同じ風景でも稲刈り前と後だと、結婚前と結婚後ぐらいの信じられない差があるとかないとか。


「えっ、お前そんな感じだったっけ?!」 みたいな。   いや、あくまでも聞いた話ですが(笑)



さて、次回も日本海・稲穂ツーリング編をお送りいたします。


こちらをポチッとやっていただくと、行楽の秋のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト
功績だなんてそんな…。むしろ功罪でしょうか。
そこから更に「功」を取り除いた感じかと(笑)


そういえば1年前の記事を見返したら、御嶽の7号目まで登ってました…。
林道も熊ぐらいは出ますし、ほんと命あってのルンペン紀行です。

今後もネタは追究していきますが、ブログが遺書にならないように、
ちょっとは命も大事にしていこうと思います(笑)

生きてましたか(^^)

昨夜 キャンプ地で川の流れる音を聞きながら
もみあげさんの功績を一つ一つ思い出していたところです(笑)。

いや、ホント今度こそどこかの林道で足挟まって動けなくて1週間とか
シャレにならん感じを想像しておりました。
お元気そうで何よりです。

しかしいいですな。日本海側。
仕事に疲れるとヒトは日本海を求めるのでしょうか。
風景が心にしみます。。。。
スパークプラグの所、確かに錆びやすいみたいですね!!
中古車でも錆び錆びになってるのを見かけますね‥。


自分は洗車の後に、艶出しのためにシリコーンルブをブラックエンジン全体に
スプレーしてます。ワコーズとか中山トラスコから出てるやつです。


防錆効果もあると書いてあるのでプラグの所にも噴射してますが、
そのおかげか今でも全然錆びてません。

ただ、さすがにエンジンのボルトはもう錆びが止められなくなってきました。
特にエキパイのボルトは熱でどうしても劣化しますね。

ここに関してはわりきって一定期間ごとに交換した方がよさそうです。
すみません、全く夏バテでもないのに更新サボっておりました(笑)


ちなみに極度の非体育会系ですので、孤独をこよなく愛しております。
自分にとってはむしろ集団行動に耐える方が修羅の門です(笑)


今後とも孤独なソロツーでヒャッハーして参る所存でございますが、
いよいよ本当に結婚できなくなりそうです(笑)
ご無沙汰しておりました~!!
むしろマズいぐらいの孤独耐性がございますので大丈夫です(笑)


確かに今回も至る所で赤トンボのちびっ子を見かけましたね。
でも子供の方が反応スピードが速くて、全然捕まえられませんでした(笑)


さすがにpostpapaさんは行かれたことあるだろうなあと思ってましたが、
意外にまだだったんですね!!

本当にエクセレントな道なので、ぜひ秋晴れの日を狙って
行かれることをオススメいたします!!
さすがにBLACKさんなら笹川流れはご存じですね。


同じ海なのに太平洋の「陽」に対して日本海の「陰」な雰囲気って
本当に明確な違いがありますよね。

そもそも単純に日本海側は天気悪いことが多いですが(笑)

仰る通りマスツーでガヤガヤ走るよりも、寡黙なソロツーの方が
日本人の心情に合った素敵な道だと思います!!
来月ちょうど新潟にツーリング行くので参考になります!いいですなあ。
できれば週2でブログアップしてくださいまし!

ところで、僕はどう気をつけてもプラグのところに雨水が溜まり錆びてしまうのですが、ルンペンさんは何か対処しておりますか?
次回、北斗の拳ツーっ‼︎‼︎

孤独に耐える運命を背負い、いざ修羅の門を叩く世紀末救世主伝説。

おかえりなちゃい。マジ、ちょっと心配したわ。
中々更新されないので、今度こそ孤独死でまだ発見されないのか・・と本気で心配してました。
稲穂が風で揺れる今の季節は良いですね。
農道に止めたバイクのバックミラーに赤とんぼが羽を休めているのを見たりすると、あぁ秋だなぁって感じます。
笹川流れってのはまだ未経験なんですが、周りでは結構行ってる人がて・・・
こりゃ私も行ってみんといかんなと・・・
いいですねー 笹川流れ!
日本海側は山口県から秋田青森まではずれが無いような気がします

そこはかとなく寂しげなのがソロツーにぴったりのような感じかな






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。