プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.03    カテゴリ:  カメラ 

   ★オリンパス 40-150mm f2.8 用のバッグ


前回 の続き




P1250708.jpg

後先考えずに発売日にポチった 「ED 40-150mm f2.8 Pro」 、まだ満足に試し撮りもしていない状態ですが、
そのデカさによりちょっと困ったことが発生‥。






その問題とは‥











P1250712.jpg

「E-M5 + 12-40mm f2.8 Pro」 と一緒に持ち歩く場合のこの長さ!!


間に1枚クッションを入れるとなると、その全長は42cmにもなります。
E-M1もE-M5もアイカップをデカいのに換装してるので、その分もさらに加わってます。











P1250713.jpg

現在ツーリングでメインで使っている、 アオスタ・インターセプター で持ち歩こうとすると
インナーケースの横幅が33cmなので、こんな感じで12-40mmのほうは縦にしないと入りきりません。


ちなみに市販のデカいカメラバッグ、特にニコンとかキャノン用は縦に入れるのが普通っぽいですけど、
めっちゃ出し入れしづらくないんですかね?!


これだ!!という時にサッとバッグから出す場合は絶対に横向きの方が取り出しやすいんですよね。











とはいえ、さすがにインナーが横幅42cm以上もあるバッグなんてあるわけないよな‥。










‥と思ったら!!












     |┃三        / ̄\
     |┃         | 黒猫 |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ///   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    / ::\:::/:::: \    宅急便ッスェェェ!!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   
     |┃     |    (__人__)    |  
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



   絵に描いたようなこの展開(笑)















P1250714.jpg

軽いけどやったらデカいのがまた来ましたよ、と。


ここにきて破竹の勢いで散財が進んでおりますが、今回追加でポチりましたのは‥













   

マンフロットキタ─── ̄─_─ ̄─(゚∀゚)─ ̄─_─ ̄───!!!!


正式名称は 「ウニカ・メッセンジャーバッグ7型」 でございます。


型番だと「MB SM390-7BB」ですね。マンフロットのメッセンジャーの中では一番デカいやつです。
秋葉原を周遊してたまたま発見した逸品でございます。平日に(笑)


そして実店舗を散歩して見つけて、実際に買ったのはネット通販ですが(笑)










P1250720.jpg

写真だとちょっとわかりづらいですが、メインで使っているアオスタ・インターセプターのMサイズより一回り大きいです。
私のようなヒョロヒョロの人間が肩から下げていると、何とも不恰好なことになります(笑)


あと素材はうっすいナイロンでレインカバーは付属しておらず、縫製や対候性もそれなりなので、
バイクdeキャンプツーリングとかでヘビーデューティに使うには明らかに向いておりません。






しかしですね‥











P1250716.jpg

このバッグ、インナーボックスの横幅がなんと46cmもあるので、2つを横に並べるとちょうどピッタリ!!

まさにドンピシャってやつです。


これならいつもレンズの中央部を持って出し入れできるので、マウント部分にも負担がかかりません。











P1250717.jpg

しかもこのバッグ、おもしろいことに表面の上部にファスナーがついていて、
いちいち金属製のバックルを外さなくても中身を取り出すことができます。


出し入れ時にカメラやレンズがファスナーに当たって傷つかないか心配でしたが、
けっこう大きめに開くのでその心配もなさそうでやんす。










P1250719.jpg

そしてなんとメインスペース下にはこんな隠し部屋が存在し、カタログによると「三脚を収納可能」などと書いてあります。


しかし‥こんなスペースに入るような三脚、伸長も耐荷重もたかが知れてんだろ‥。
イタリア人の考えることはよくわからんですな。まあへそくりを隠すぐらいには使えるかもしれません(笑)


とりあえずこれで持ち運び時の懸念もなくなったので、今週末はさっそくガシガシ撮ってこようと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、初冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト
UT63Q、情報ありがとうございます!!

調べて見ましたが展開すると意外にけっこう大きくなるんですね…
確かにこれなら入りそうですが、お値段もなかなかですね(笑)

さすがにこのタイミングで三脚まで新調は無理なので例のスペースには
雑品を無造作に放り込んでおこうと思います(笑)
ベルボンのトラベル用の3脚ならぴったり入るんじゃないですかね?
UT63Qとか。
自分はのそれの中國製まがいもん使ってますけど・・・。汗






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。