プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.01.17    カテゴリ:  バイク整備・修理 

   ▼発電系の不具合と各パーツの消費電力



  そういえば‥





P1250625.jpg

原因不明のバッテリー上がりがきっかけで取り付けた、台湾KOSOの電圧計。
コレのおかげで色々わかってきたことを書いてみます。




まずは各パーツの消費電流(電圧)ですが‥


あ、電流と電圧の違いが全くわかってないことを先に白状しておきます(笑)
脳みそが豆電球レベルなもので。











XB090017.jpg

ハロゲンライト: 0.8 V
LEDライト  : 0.3 V



わずか0.5Vの差ではありますが、発電が弱っているバイクでこの差はかなりデカいです。
そして何より、半分以下の電圧なのにLEDの方がはるかに明るいというのがスゴいです。











P9270037.jpg

ストップランプ: 0.3 V
ウインカー  : 0.2 V



ストップランプはブレーキ使った時のランプなので、常時点灯のテールランプとは別です。
このあたりはせいぜい0.1V以下かなと思ってましたが、意外に消費してますね。











P8030027.jpg

ETC: 0.1 V以下


ETCは優秀?で、つないでも外しても電圧計の表示は変わらず。
発電状態に関係なくコレはほっといても大丈夫そうですね。












インバーター: 0.1 V


コレはシガーソケットに接続することで家庭用コンセントが車やバイクに出現するスーパー便利商品です。
USBもついてるのでスマホやモバイルバッテリーとかの充電にも使えます。


コレでカメラ(オリンパス)の充電池を充電中の消費はわずか0.1Vでした。意外に低いですね。












ヒートインナージャケット: 0.4 V


おそらく消費電力が気になってる方も多いであろうヒートウェア。私が使っておりますヒーテックの
電熱ジャケットは0.4Vで、発電が弱ってる時に常時この電圧が削られるのはちょっと気を使います。


ちなみに私のは省電力設計の 「3.5AMP」 バージョンなので、通常版だともっと消費が上がります。
当時はかなり迷いましたが、こっちを選んでおいて大正解でした。












本当は今シーズンあたりからヒートグローブも導入したいなあと思ってたんですが、
ジャケットと合わせると0.8Vぐらいはイッちゃいそうですね‥。


さすがにそれだとリスク高すぎるので、財政面も含めて却下となりました(笑)










P1250682.jpg

あ。そもそものルンペン号の最近の電圧ですが、バッテリーを満充電した状態のイグニッションONで
概ね12.5 V、アイドリング状態だと12.6~12.7 Vです。


余計なものを何も使っていない時の走行時電圧は 12.8~13.7 V ぐらいです。


当然、エンジン回転数が高いほうが電圧(発電)は高いですが、なぜか80kmを超えたあたりから
電圧が少し下がります。5速で70~80kmあたりが一番電圧が高いようです。











P1020082.jpg

ただし、最近わかってきたことがありまして‥ 酷寒時はアイドリングと走行時に前述の電圧からそれぞれ
1V近く下がります。かなり回転を上げないと走行時でも12.5V以下なのでアウトですね‥。


ところが、少し走ってエンジンが暖まってきてから一旦イグニッションを切って、
10秒後ぐらいにスロットルをふかしながら再スタートするといつもの電圧に戻ります。











X1010399.jpg

そういえば元旦に房総に行った時の帰りですが、気温が低い上にかなりの雪が降ってきてエンジンが
なかなか暖まらず、走行中もずっと12.5V以下でこりゃヤヴァい‥、という状況でした。


ところが、気温が高いアクアラインのトンネルを走行中に電圧がどんどん上がり出して正常値に。
そしてトンネルを出たらまた若干下がる、という現象が発生しました。


一番最初に不具合が出始めたのは秋だったので、まだそこまで寒くはなかった時期ですが、
不具合の原因が気温やエンジン温度に何らかの影響を受けているのは間違いなさそうです。










PA120540.jpg

一度疑ったレギュレーターは、とあるショップで試しに新品に換装してみたもののほとんど改善なし。
そもそも「冷やすべき」ものなので、寒い時期に調子が悪くなるというのはおかしいですよね。


一方で、そのショップで計測してもらった際の発電量(ジェネレーター)は正常値の範囲内だったので
コイル関連の不具合の可能性もちょっと低そうなんですよねぇ‥。











P121845.jpg

というワケで相変わらず原因不明まっしぐらなんですが、こうなったら某・機動兵器のように
稼働限界のないミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉を搭載するしかなさそうです。


できることなら指揮官用の3倍速いやつでお願いしたいですが(笑)


ま、他にもそろそろ手を入れないといけないパーツやメンテも山ほどあるので、
電圧に関してはルンペン号の機嫌を伺いつつ、うまいことやってこうと思います。


こちらをポチッとやっていただくと、酷寒のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト
お返事遅くなって申し訳ありません…

ついにヒーテックデビューされたんですね!!

一度使うと本当に手放せなくなります…が、我が愛車は相変わらず電圧不調で

間違ってもヒーテックなんか接続できる状態ではございません(涙)


そしてなんとバイクお買い換えですか!!
次もやっぱり舶来品ですね(笑)
マニアックなチョイスであることを心から期待しておりますので(笑)

一般的に外車は充電がウィークポイントなんでしょうかね。
現代のBMWなんかは違うんでしょうけど・・・
英車系は電装系が弱い・・そんなイメージがあるのは私の年代の所為かな。
電圧計で管理するのは賢明ですね。
私も付けようかと思ってます。
実はディーラーのセールでヒーティングジャケットを買っちゃいまして・・・
ハーレー純正ではなく、担当営業の勧めもありヒーテックにしました。
真冬用ではなく、春秋の峠越えや北海道ツーリング時のウェアのコンパクト化の為に・・・
と言う言い訳(笑)
押し掛けなんて絶対に無理だろうハーレーデイビッドスンですから、ボルトメーターを付けようかと思ってました。
で、実は本体の方も買い換えでして・・・
現在太平洋上を日本に向かって来てる最中であります(笑)
貴重な情報ありがとうございます!!
同じ苦労をされている方がいると思うと心強いです(笑)

でもグリップヒーターで1Vとは、かなり消費するんですね‥。

そして私もキャブ車なのでヒーターのお話、しっくりきました!!
確かにチョークを使うような場合は決まって電圧低いです。なるほど。

遠距離ツーリングの場合はバッテリーをもう1個持ち歩いてますが、
荷物が4kgも増えるのはいただけないですね(笑)


防波堤は見つけて頂いたようでよかったです。分岐が多かったので
私ももう1度同じ場所に行けるか全く自信ないですが(笑)
私のボンネビルもルンペン号と同じく電圧が低く苦労してます。
デイトナ製グリップヒーターを取り付けてますが、最大設定では1.0V、中間設定で0.8Vダウンします。
電熱ウェアよりも電圧が下がりますので、グリップヒータと電熱ウェアは併用できないです。

極寒冷時に電圧が低くなるのは、私の場合キャブレター車でキャブレターヒータが内蔵されてます。
+10℃でヒーターがONになるみたいです。
暫く(10km)ぐらい走行するとエンジンの熱が伝わり、OFFになり0.8V位アップします。

追伸
千葉県いすみ市の防波堤見つけました。
日中しか行ってませんが良い場所ですね!
ありがとうございます。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。