プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05.01    カテゴリ:  バイク整備・修理 

   ★ルンペン2号、新型LEDバルブ装着に挑戦


前回 の続き







     |┃三        / ̄\
     |┃         | 黒猫 |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ///   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    / ::\:::/:::: \    宅急便ッスェェェ!!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   
     |┃     |    (__人__)    |  
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



2号機こと、XSR400のヘッドライトバルブを、純正からアブソリュートの高効率バルブに
交換しようとしていた矢先、謎の物品が到着‥。











X4240007.jpg

デザイン・装飾一切なしの超・前衛的なパッケージでございますが‥


もしやコレは‥












d534ftcf.jpg

    謎バルブキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


バルブ交換の度にライトケースのオリジナル塗装が剥げるのは心臓に悪すぎるので、
ここは思い切って超長期使用可能な新バルブの導入を決定した次第です(笑)


ちなみに取扱説明書・保証書などといった前時代的なものは一切付属せず、
消費者に対してはドSを貫く硬派なバルブでございます。












今回ご注文の品はコチラ。バイク用LEDバルブでございます。でもそんじょそこらのLEDとは異なりまして、
バルブ後部にシンク掃除用の金属たわしがついた極めてエキセントリックな新商品でございます。


明るさはハロゲンバルブの3倍なのに、消費電力はわずか1/3という節電仕様。
しかもバルブの寿命にいたっては25倍!!   ‥との謳い文句ですが本当でしょうかねぇ。











X4240010.jpg

なんかどっかに飛んでいきそうな形ですねぇ。本当にこんなのでちゃんと点灯してくれるのやら。


初号機の時に買ったやつはわずか2,500円という破格なプライスだったので、失敗してもまあいいかと
割り切って注文しましたが今回のは6,500円もしたのでかなりの冒険です‥。











X4240011.jpg

LEDチップは左右に2つずつで合計4つございます。なんかずいぶんちっちゃいんですが
本当に明るいんでしょうかね‥ オラ心配になってきたぞ。


でもLEDチップはたまたま純正ハロゲンバルブと同じフィリップス製との記載が。
バイク用のはクリー社製のはよく見かけますが、フィリップは珍しいですね。











X4240012.jpg

ドライバーモジュールが別体でついてますが、このサイズなら直径の大きいSRのライトケースに
ちゃんと収まりそうです。問題はあくまでもバルブ本体のお尻の部分でございます。


ちゅーかバイク用LEDですが、モジュールが何もついてないやつもあればHIDのようにやたらデカい
モジュールがついてたりするのもあったりしますが、何の機能があるんでしょうかね?











X4240013.jpg

そしてこのバルブを選んだ最大の理由がこの金属製の放熱リボン!!


今までのLEDバルブはどれもこれも内蔵されたファンが回って放熱してましたが、
コイツはこの4枚のリボンで表面積を大きくして放熱する仕組みになってます。


ファン付きタイプだと奥行きが狭いSRの純正ライトケースには確実に収まらないですが、
コイツならいけるんじゃないかと確信し、人柱になってみることにしました。











X4240017.jpg

通常の手順で組み付けていくと防水用のゴムが取り付けできなくなるので、
あらかじめゴムを先に内側にはめ込んでから装着すればきれいに収まります。












X4240018.jpg

あとはこうやって4本の金属リボンを十分広げてからライトケースにはめ込むだけなんですが、





ちょっと心配なのでその前に‥













X4240019.jpg

東急ハンズで厚さ1mmのゴムシートを買ってきて、ヒートリボンが配線に直接当たらないように防御しときました。
リボンは60~70℃まで熱くなることもあるようなので、細い配線とかはかなり心配です。


この状態でライトケースにはめ込むのはかなりコツが入りましたが‥





な ん と か 収 ま り ま し た ! !





これでもうライトケースの中はパンドラの箱として、数千年は封印することとします(笑)
中がかなりギュウギュウなので、リボンがちゃんと放熱できるのかかなり疑問ですが‥。











そして夜になったらさっそく明るさの比較ですが‥











X4040002_20150429204234954.jpg

こちらは純正のハロゲンバルブです。色がオレンジがかっているのと、照射範囲がちょっと狭いですね。
もし夜道でいきなりバナナの皮が出現したら、ちゃんと回避できるかどうか微妙です。



そして換装したLEDバルブですが‥











X4260749.jpg

       アカル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━イ !!!!!


色がまず全然違うのと、横方向と下方向の明るさが段違いです。3倍というのもうなずけます。
これならバナナの皮が落ちてても余裕で回避できますね。横並びで10個ぐらい出現したらアウトですが(笑)




但しこれからの時期は、明るすぎて昆虫の皆さんも3倍多く寄ってきそうなので
半ヘルで田舎の夜の田んぼ道を爆走しないように気を付けます(笑)




こちらをポチッとやっていただくと、新緑ツーリングの記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。