プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.02.14    カテゴリ:  カメラ 

   【ついに】 PEN-F 発売!! 【ついでに】 E-P5のケース




ついに、





いよいよ‥











75252.jpg

PEN-F が2月26に発売になりますね。


先日ビックカメラに行ったら既にモックアップも置いてありましたが、質感がかなり良さげな感じでした。
特にシルバーは本当に往年の銀塩カメラにそっくりですね。













bgfh53.jpg

軍艦部には既存の2×2ダイヤルに加えて露出補正ダイヤルが追加されており、メカメカしい感じになってます。


ただ、基本的に2×2ダイヤルはシャッタースピードと露出をいじるものだと思うので、
露出が単体のダイヤルになると、もう1つは何を設定するものなんですかね?














hgfds.jpg

そして何より一番の改良はEVFの内蔵ですね。E-P5には外付けファインダーのVF-4が付属しており、
これ自体は非常に見やすいんですが、装着した状態だとカメラバッグの中でかさばるんですよね‥。


236万ドットなのは既存製品と変わらないようですが、実物を試した方のレポートでは明らかに
見やすさや精細さが向上しているようですね。早く触ってみたいものです。












しかしながら‥















レンズキットが20マソ超えとかどういうことなんでしょうかねぇ‥


ボディだけでも14万以上しますし、現行フラッグシップのE-M1よりも高いとはこれいかに。
デザインは確かに秀逸ですが、めっちゃ画期的な新機能やセンサーを積んでるわけではないんですよね。


これならE-M1のMk-Ⅱを待とう、という人の方が多くなってしまいそうな気がします‥。














dfgthj.jpg


ちなみに不肖もみあげはその現行フラッグシップのE-M1を売り払って、代わりにE-M10を手に入れたと思ったら
それも速攻で処分して型落ち寸前のタイミングでE-P5を買ってみたりと、常軌を逸した購入順序になっております。


PEN-Fもいずれ生産完了になる頃は半額近くになるんでしょうか‥?!














E-P5は買ってから約2ヶ月が経ちましたが、最近こんなものを追加で買ってみました。

ゲリーズの本革カメラケース でございます。


さすがに新品だとなんぼなんでも高すぎるので、うまいこと中古を見つけてきました。















XC220016.jpg

定価はなかなかのお値段なので、やたら立派な化粧箱に入ってます。
ちなみに生産国はなぜか韓国‥。評判は悪くないようですが、その品質やいかに。













XC220018.jpg

オリンパス純正やハクバあたりのボディジャケットを触ったことがないのでちゃんとした比較はできないですが、
革の質感は悪くないですね。それほど厚みはないですが、けっこうしっかりとした革です。













XC220019.jpg

ボディと接する部分はちゃんと起毛仕様になっていて、傷がつかない配慮がなされています。


そして何より、バッテリーとSDカードの取り出し口がちゃんと切り欠きされているので、
交換の都度、いちいちケースを外す必要がありません。これは非常に便利ですね。













XC220017.jpg

そして底面はなんとアルミ製!! 革だけのケースとは剛性のガッチリ感が明らかに違います。
またカメラへの取付けネジには格納式プルタブがついており 硬貨などを使って回す必要もありません。


それなりの値段はしますが、さすがはGARIZ。造りも質感も手は抜いてないなという印象です。















P1250850.jpg

いざ装着するとこんな感じです。これだけ見ても、他社製ケースとは差がよくわからないですね‥。
アルミプレートがある分、全高が高くなってますが全く気にならないレベルかと。


そして、前後に厚みが増した分だけ少し持ちやすくなった気がします。













そしてもう1つの長所は‥














XC290003.jpg

気軽に地面の上に置けること!!


E-P5は外装の質感はいいんですが、OM-Dシリーズと比べて傷がつきやすいんですよね。特に底部。
普通に使われていた中古を見ると、大なり小なり傷がついてたりします。


ケース付きならその心配もなく、なおかつ底部がしっかりとしたアルミなので、安定感もいい感じです。
野良ネコにいじられたぐらいではひっくり返ることもございません(笑)














XC290001_20160211211937a43.jpg

ケースつきのE-P5が超絶カッコよすぎるのか、ゴミを捨てるなと怒られているのかは不明ですが、
なかなか気になる存在であることは間違いないようですねぇ。


PEN-Fはやはり気になるものの高過ぎで入手できるのは数年後になりそうなので、
当面はE-P5とE-M5の2台体制で撮っていきたいと思います。




こちらをポチッとやっていただくと、晩冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
スポンサーサイト
  • 承認待ちコメント
  •  - 
  • 2016.05.06 17:47  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。