プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2017.04.02    カテゴリ:  カメラ 

   Σ19




trvf

さてさて、今回は比較的リーズナブルに機材追加でございます。


では届いたブツの正体は‥













dtufykgl.jpg

シグマ 19mm F2.8 DN キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!



気づけばマイクロフォーサーズ使い始めてから既に6年が経過しましたが、HOLGAのトイレンズを除くと、
パナとオリ以外のレンズ購入は今回が初めてでございます。















お値段ですが新品を約14,000円で購入。電子接点もあってちゃんとオートフォーカスも効く単焦点が
このお値段とはなんともリーズナブルですね。しかも我が国ニッポン製ですYo!!


焦点距離がほとんど同じのパナの神レンズ「LUMIX G 20mm F1.7」だと、ちょうど倍の値段しますからね。
マイクロフォーサーズは、カメラメーカー純正の撒き餌レンズが少ない気がします。













M10K0574.jpg

お値段は安いですがもちろん前後キャップが付いてきますし、マウントも金属製です。
そしてなんとフードまで付属してくれるという良心っぷり。


ていうか、どこぞの某メーカーの商魂が醜いだけかもしれませんが(笑)














M10K0573.jpg

しかもこれで終わりじゃないですよ、ジャパネットたかた並みの勢いでこれでもかとオプションの嵐。
今回は更にこのレンズポーチもお付けしてなんと14,000円!! 14,000円ですよ!!


パナの一部のレンズにもポーチは付いてきますけど、ただの布ですからね‥。
こんなファスナーまでついたちゃんとしたポーチはたぶんシグマだけでは。













M10K0576.jpg

グリップつきのオリンパス・E-M5に装着するとこんな感じです。
間違ってもパンケーキとは呼べず、ビッグマックに近い感じのボリュームですね。


まあ設計に無理がないからこのお値段を実現できたんでしょうけど、
f2.8ならもう少し小さくできなかったのかな‥という感じはします。












P1110004.jpg

パナの20mmパンケーキと比較すると、厚みの差はこんな感じです。フードを付けたシグマの19mmは
パナのちょうど倍くらいですね。さすがにこれではカバンに入れっぱなしというのは難しそうです。


ちゅーか焦点距離まる被りなのに敢えて買った理由ですが、パナの20mmは画質は文句なしなんですが
連写時の速度とオートフォーカスが遅くて、イベントによってはかなり不便なんですよね。












M10K0579.jpg

なのでこの19mmには画質はそこまで期待してないんですが、この輝く「A」のマークの通り、
シグマのラインナップの中では「Art」に属するようなので、そこまで手抜きではないようです。


シグマの同じマイクロフォーサーズ用ラインナップの中では、この19mmと30mmについてはあまり
レビューを見かけないですが、「60mm F2.8 DN」についてはやたら評判いいみたいですね。












ytfdtrs

レンズ構成とMTF曲線はこんな感じです。中央から中間域にかけてはかなりよさそうですが、
そのぶん周辺部の落差が大きそうですね。


ただしズームレンズと違って単焦点レンズは、画質はすこぶるいいのになぜかMTF曲線は超絶凡庸、
ということがよくあるので、こういったデータはあまり参考にならないかもしれません。













EM590702.jpg

で、軽く試写したインプレですが、フォーカス速度は全く文句ないレベルで精度も十分です。
レンズはやや大きめですが、装着するボディによってはパンケーキより持ちやすいかもしれません。


画質については、中央部についてはかなりいい感じに先鋭に写ってくれますね。ボディ側での補正に頼れない
サードパーティー製で、この画質が14,000円で買えるとはコスパ高すぎでしょ。












srdtfgth.jpg

ただ、デジタルでの収差補正が効かないためか周辺部はかなり雑ですね。f5.6ぐらいまで絞れば多少改善はしますが、
開放近くで撮るとかなり流れます。ボケ方もそこまで綺麗な感じではありません。


ツーリング先とかでバイクを隅に入れて撮ろうとすると、バイクの解像がユル~い感じになっちゃうかも。











P4660155 - コピー

まあでもこのレンズのいい所は、10万以上するような単焦点と違ってとにかく気軽に持ち出せることですね。
10万円以上するような単焦点は買ったことがないですが。


特にこういう予測不能の動きをする被写体にはフォーカスの速いシグマが最適ですね。
撮影シーンによって、パナの20mm/f1.7とうまく使い分けていこうと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、早春のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog