プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ 

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.12.12    カテゴリ:  カメラ 

   【15,000円】12-50mm F3.5-6.3 EZ vs 12-100mm F4.0 IS PRO 【150,000円】





愚かにも‥






jkg.jpg

今さらこんな廉価標準ズームや‥












w4tryt.jpg

こんな悪魔の高倍率ズームをお買い上げしてみたので‥












見せてもらおうか!!













PZchar_20140308153951051.jpg

15,000円 と 150,000円 のレンズの違いとやらを!!


3倍どころの騒ぎじゃないですからね。量産機と指揮官機どうこうのレベルではありません。
もはやザクとビグザムぐらいの圧倒的な差であります。













978kje.jpg

MTF曲線はこんな感じ。上が標準12-50mm、下が変態12-100mmです。


12-50mmの地面スレスレの低空飛行っぷりには閉口するばかりですが、
これだけ見ると、12-100mmも悪魔のレンズとまで呼ばれる逸品とは到底想像できないですね。


まあ日本男児たるもの、机上でグダグダ言う前に実写で比較してみまつか。














etre45.jpg

とりあえず今回は広角端12mm、標準域25mm、中望遠域100mmで、それぞれ開放と
そこから1段ないし2段絞った画像を等倍で切り出して解像を比較します。(ISOは全部200)


また、結果がわかりやすいと予測される周辺部だけを比較してます。
中央部は廉価レンズでも比較的解像してることが多いですからね。












P1260449.jpg

なお、使用したボディですが、

12-50mmが E-M10 MarkⅡ、 

12-100mmが E-M5 MarkⅡ です。


ボディのスペックが違いますが、センサーと画像処理エンジンは同一なので
レンズの性能を比較する上ではほぼ問題ないかと。(憶測)











それではまずは広角12mmから。













元画像

wrhetfg.jpg

この隅に置いた男前ルンペン2号のタンクからエンジンあたりを等倍で切り出します。


この広角端に限り、12-50mmの方が開放f3.5で少しだけアドバンテージがありますが、
12-100mmに合わせてf4と、2段絞ったf8で比較してみたいと思います。











12mm f4

12mm f4 800
            12-50mm                      12-100mm


明るさの違いはおそらく周辺減光の差だと思われますが、一目瞭然で12-100mmのほうが解像してます。
開放で既に周辺部がこんだけ解像するとか、マジで変態レンズですね‥。


悪魔のレンズ、第1回戦から面目躍如といった所でしょうか。













12mm f8

12mm f8 200
            12-50mm                      12-100mm


今度は2段絞ってf8で。12-100mmは開放の時点で十分すぎるほど解像してるので、
ハッキリ言ってあまり違いがわかりません。


12-50mmは絞ってそこそこ改善してますが、12-100mmには敵いませんね。
ちなみに広角側の歪曲に関しても明確に気付くレベルで12-100mmの方が優秀でした。













それでは2回戦は標準域25mm。












元画像

kryj.jpg

今度は中間の25mmでこの地図の左上を等倍で切り出して見ます。
開放は12-50mmがf5.1なので、12-100mmはf5に合わせました。


今回のテストの結果はいかに‥










25mm f5

25mm f5 1250
            12-50mm                      12-100mm


これも一目瞭然で12-100mmの勝利なんですが、とはいえ12-50mmも十分解像してますね。


私見ではありますが、12-50mmはおそらく広角端と望遠端での性能のせいで
あまり評判が芳しくないですが、中間域はなかなか侮れないと思います。












25mm f8

25mm f8 500
            12-50mm                      12-100mm


12-100mmは今回も開放から変態なのでさっきとの差がわかりませんが、この焦点域に関しては
12-50mmも開放から優秀なので同じくそれほど変化が見られません。


というわけで第2回戦も12-100mmの勝利ではありますが、このラウンドの勝負内容では
10倍の金額差に相当するだけの違いは見出せないですねぇ‥。












最終ラウンドは中望遠の50mm。











元画像

h1223.jpg

今度はこの地図の左上の最周辺部を切り出して比較してみます。
開放は12-50mmのf6.3に合わせてあります。


この焦点域になると、12-100mmは開放で既に1段以上のアドバンテージがありますね。












50mm f6.3

50mm f63 800
            12-50mm                      12-100mm


三度、一目瞭然ではありますが、12-50mmも別に罵詈雑言を浴びせるレベルではないかと。
12-100mmはまだズームの中間ですが、12-50mmは望遠端ですしね。


12-100mmについては、今回のテスト焦点域においては画質のために絞る必要が全くないですね‥。
高倍率ズームとしてはまさに規格外の変態レンズです。











50mm f9

50mm f9 400
            12-50mm                      12-100mm


こちらは1段絞ったf9での比較ですが、やはり12-100mmは開放との差がわかりません。


一方で12-50mmは、なぜか開放よりも若干解像が落ちている気がします。
望遠端の周辺部は絞っても改善しないようですね。これでISO上げると更に苦しいかも。


そういう点でも、ISO上げずに開放f4でも高画質なまま振り回せる12-100mmは強いですね。











というわけで‥










                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         / (●)   ( ● ) \       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`        | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | |         12-100mm       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

        W I N N E R



まあ当たり前の結果ではありますが、この画質の差に加えて焦点距離の長さと明るさ、
手ブレ補正の有無に約135,000円の差を見出せるかどうかですね。


動きものメインで撮る人や、暗い撮影シーンが多い人ならその価値はありそうです。


一方で12-50mmも防塵防滴は同じで、しかしながら圧倒的にコンパクトで軽くて
電動ズームと簡易マクロが付いてるので、コスパは相当高いんじゃないでしょうか。












M10K3689.jpg

こんだけ比較しておきながら、実は変態単焦点:ED75mmが一番好きだったりもしますが、
12-100mmの解像はそれに匹敵するものがあると思います。


マイクロフォーサーズをお使いの皆様、恋人や家族にクリスマスプレゼント買ってる場合じゃないですよ。
レンズ沼で首を伸ばしてお待ちしております(笑)



こちらをポチッとやっていただくと、初冬のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓ 
    
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ
スポンサーサイト
おそらく来訪される方の96%が興味のないマニアックなレンズネタでも
コメントありがとうございます!!(笑)

カメラもレンズも日進月歩のようで、あまりにもクッキリ写りすぎる機材は
モデルさんからも嫌がられるという話を聞いたことがあります。

(毛穴や微細なシミまでしっかり写ってしまうそうで‥)


私の場合、撮り貯めてきた膨大な写真を後から見返したりすることは少なく、
編集ソフトでごちゃごちゃいじくるのも面倒で大嫌いです。

「その1枚の写真から、その時の風の匂いや日差しを感じればいいや」
というのが本質的で一番いいのかもしれませんね。
レンズの事はさっぱり分かりませんので、気の利いたコメントを掛ける訳もなく・・・
F値が小さい方が明るいとか、そんな小学生でも知っているレベルでございます。
レンズに精通していると写真を見て、歪みや解像具合なんか一発で分かっちゃったりするんでしょうね。
水着のオネーサンの肌がすべすべに写るとかあったりするのかな?とか、高いレンズだと水着が透けて写っちゃうんじゃ?などと低俗な思考に支配されて脳味噌が沸騰寸前になっちゃったりするわけで・・・
肉眼で見たものをレンズを通して強くしたり弱くしたりして作品として仕上げるのは、カメラを趣味とする方の楽しみなんでしょうね。
自分はボケずに写ってりゃいいぜ!的な撮り方なんで・・・
その1枚の写真、画像から、その時の風の匂いや日差しを感じればいいや的なもんでして。
写真テクの本など過去に数冊買ってみたものの、己のセンスの無さにプラスして努力も精進も無いという。
これが自分のライフスタイルだ~!と開き直っているのであります。
なんだかおかしなコメントになっちゃった。
御容赦くださいませ。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。