プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ 

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2011.09.11    カテゴリ:  ツーリング(北海道) 

   函岳凸  ~転倒編~

< 前回 の続き>


美瑛の日没を堪能後、旭川で塩ラーメンを食べてからひとっ走りして士別市内の日帰り温泉
で休憩です。深夜1時までやっており、24時間ライダーにはなんとも良心的。


しかし、深夜1時に追い出されたものの、朝までの数時間のためにテントを張るのがどうにも億劫で、
結局敷地内のよくわからんモニュメントに座ってバイクに突っ伏して一夜を明かしました。
我ながらルンペン道もそろそろ極まってきました。





そして明け方‥寒さで目が覚めると‥










P1090832.jpg

なんじゃこりゃ!  やべぇ!俺ついに死んだか?!






どうやらハンパない朝霧です。










P1090835.jpg

とりあえず本日の戦場、函岳に向けて北上を開始しますが‥
名寄バイパスも、見えそうで見えないハラハラするモザイクがかかってます。










P1090839.jpg

そして美深歌登大規模林道の入口ぬ到着でやんす。時刻は朝6時。


ビミョーに雨降ってるし霧は晴れないし、山登る意味あんのか?






‥と10分ほど悩んだ末、やっぱり行くことに。ルンペンの辞書に「退路」の文字はありません。






しかし5kmほど進んだところで大事件発生!!

「モンスターがあらわれた」

P1090840.jpg

「自走式ソルカノン、迎撃準備開始。セーフティロック解除」


「拡散波動砲エネルギー充填」


「薬室内圧力上昇


「対ショック、対閃光防御オン」


「エネルギー充填率128%」


「目標、前方の野生どうぶつ」


「ソルカノン発射!!   いや、やっぱりちょっと待て!!











P1090847.jpg

なかまになりたそうにこちらをみている


なかまにしてあげますか?

  はい
→ いいえ





‥などと、どこぞのRPGはさておき、それにしても痩せっぽっちな子ですね。
しかしこちらとてルンペン続き、帰る頃には同じような体型になってる予定なのよねん。


「坊主、大きくなれよ‥」



気を取り直して再び前進開始。











P1090853.jpg

そして加須美峠に到着です。現在朝7時。
相変わらず日本社会と独身生活に停滞する霧は晴れてくれません。



ちなみにこの林道なんですが、一部ガレている所もあるものの、基本的に固めのフラットダートなので

スーパースポーツでもない限り、余裕で登れると思われザザー ドシャッ!!












P1090862.jpg

チーン。  倒閣と同時期に転倒とは‥

あまりに無様ゆえ、写真を撮る前に起こしてしまいました。
砂利の色が変わっている部分は、ガソリンお漏らしの跡です‥。












P1090863.jpg

転倒により何かが脱落した模様ですが、所有者が既に社会から脱落しているので問題はありません。











P1090865.jpg

しかし災い転じて福となす。
この転倒のショックにより、煩悩と霧が晴れてきましたYo!!


ついに本丸、函岳城も見えてきました。


<つづく>



こちらをポチッとやっていただくと、他のトラ乗りの夏休み記事に出会えますよん
     ↓                       ↓     
              にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへにほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog