プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2016.07.31    カテゴリ:  カメラ 

   北緯13度14分17.5秒 東経144度39分7.5秒



i76tev.jpg


         ?!?








おっとフライング。まずは‥











sterjse.jpg

M.ZUIKO ED 9-18mm F4.0-5.6 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


言わずと知れた、マイクロフォーサーズの超広角レンズですね。パナソニックの7-14mmの方が
更に圧倒的な広角域がエンジョイできますが、携帯性ではこちらに軍配が上がります。














携帯性に加えてオリンパスの場合は普通にフィルターが付けられるのも長所です。
パナの7-14mmは出目金レンズなので常にモロに露出していて怖いんですよねぇ。


金額もオリの9-18mmの方が実勢で3万円近くお安くなっております。











こんなレンズを買った日にゃ‥












rhght.jpg

          こんな車を借りてみて‥













cumnrew.jpg

        南 の 島 の B E A C H ド ー ン !!


正しい順番で言いますと、南の島に行くことになったから超広角レンズ買ってみた、というワケです。
「レンズ買ったからどうしよう。そうだ、南の島でも行くか!!」という人はレンズ沼で頭がイカれてます。













nrewe.jpg

そしてピンポイントに行ってきたのが‥ ココス島!!
別に某ファミレスとは無関係ですし、某カレーチェーン店との関連もございません(笑)


グアムの中心街であるタモンから車で約1時間、島の南端近くにあるメリッソ桟橋からフェリーでココス島に上陸します。
フェリーに乗っている時間はわずか10分程度で、グアム島が余裕で見渡せる距離にあります。














8bvw.jpg

江の島や大洗海岸とは次元の違うレベルの真っ白・真っ青な世界が広がっており、まさに絵に描いた南国!!


ところがサンダルをレンタカー車内に忘れてしまい、こんな所を黒のハイカットコンバースで歩くという暴挙に。
それもすぐにビッチャビチャになってしまい、漂流するヤシの実と記念にツーショットを(笑)













u64ebm.jpg

なんかハイビスカスも南国感がさらにパワーアップしたようなグラデーションになってます。
日本だとここまでトロピカルなカラーは見かけないですね。












je5ned.jpg

サワガニ君? も気持ちよさそうにビーチを闊歩しておりました。
ていうかこの透明度、ヤバいだろ‥。













vasdqef.jpg

ココス島を撤収後は、そのまま反時計回りでグアム島を一周することに。
ココはどこだったかよく覚えてないですが、湾の向こう側までワイドにクッキリ!!













onvw5g.jpg

コチラはかの有名な 恋人岬!!


長きに渡る独り身に乱心して飛び込むにはちょうどいい高さですが、一応今回のドライブには
女子も数名ちゃんと乗っていたことを我が名誉のために付け足しておきたいと思います(笑)













wqr53h.jpg

ラストは宿泊リゾートからのサンセット!!


今回はかなりの弾丸ツアーでしたが、やっぱり南国には超広角レンズを持っていって大正解でした。
レンズは帰国してすぐに売却しちゃいましたが、購入時との差額は5,000円もしなかったのでいい買い物でした。


次回また南国に行く機会があれば、今度はオリンパスの7-14mm PRO を持って行ってみたいですね。
旅費の2倍ぐらいのお値段しますが(笑)



こちらをポチッとやっていただくと、夏本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.07.19    カテゴリ:  カメラ 

   ▲ 世界一、ブレないやつ導入 ▲



ハイ、今回もレンズ沼!! 





‥と見せかけて‥








M531616.jpg

ちょっと大きめの箱が届きましたよ、と。





       _____            
     /:::::::∪::─ニ三─ヾ          
   /:::::::::: ( ○)三(○)\        ま、まさか‥
  (:::::∪:::::::: (__人__):::::i|  
   \:::::::::     |r┬-| ::::ノ  
    リ::::::::     `ー'´  ::\  











jmhdngsfa.jpg

                      またつまらぬ物を‥











iljkhh.jpg

                   買ってしまった‥














ハイ、今回お買い上げのお品はコチラ、OM-D E-M5 Mark II でございます。


OM-DシリーズはいよいよE-M1 MarkⅡの発表が近いのではないかと噂されておりますが、
発売中のラインナップの中ではこの E-M5 Mark II が現在も最新でございます。












3eryu.jpg

最新ということで、手ブレ補正に関してはE-M1の約4段を上回る5段分の効果だそうです。
できることなら私の人生も数段と言わず数年分補正していただけるとありがたいのですが。













XC300003.jpg

そして今回の原資として人身御供になっていただいたのは、こちらのE-P5でございます。
享年6ヵ月ぐらいだったでしょうか‥。


デザインは本当に秀逸ですし、機能面でも最新機とほとんど見劣りしないんですが、
EVFが外付けというのが致命的に不便かつ機動性を削いでおり、選手入れ替えとなりました。












EM532038.jpg

ただしこの E-M5 Mark II も難点が一つあり、重さの割にグリップがしづらいです。


店頭で手に取ってみると、一見同じような形の E-M10 Mark II はそんなに悪くないんですが、
なぜか E-M5 Mark II はどうにもしっくりこないんですよね‥サムレストの形状がよくないんでしょうか。










というわけで‥












EM532034.jpg

今回も社外品のグリップを買ってみました!! アマゾンで2,750円で売ってる

アルカスイス互換 L型ブラケット カメラグリップ でございます。


オリンパス純正のグリップはなんと15,000円という、なかなかナメた商売をされております‥











EM532036.jpg

底面もバッテリー部分がちゃんと切欠きされてるので、いちいちグリップを外さなくても
バッテリーやSDカードの取出しが可能になっている親切仕様です。


素材はプラスチックではなくアルミなので、軽量ですが剛性はなかなかのものです。












#88448

このアルカスイス互換 L型ブラケット カメラグリップ、いろんな機種用が安価で発売されており、
こちらはE-P5用を使っていた時のものです。


E-P5のスタイリッシュな感じが台無しですが、持ちやすさは2階級特進でした(笑)













EM532043.jpg

そしてコアブースターの如く、E-M5 Mark II と合体させるとこんな感じでございます。


グリップ部分は各社の純正品よりけっこうデカいので、女性には大きすぎるかもしれませんが、
一般的な男子であればむしろこっちの方が持ちやすくていいと思います。












EM532041.jpg

右側のプレートもビスで脱着できるようになってるので、予め外しておけば液晶がバリアングル式の
E-M5 Mark II でもこの通り、支障なく可動させることができます。












jtretre.jpg

現時点では世界最強?の5軸・5段の手ブレ補正や、パナと違って本当に信用できる防塵防滴、
静物なら衝撃の解像を誇るハイレゾショット等、なかなかいいカメラではないでしょうか。


今年もお盆ツーリングを画策してますので、ぜひ使い倒していきたいと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、夏本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.07.08    カテゴリ:  カメラ 

   【リリーフ】 神レンズ、新旧交代のお知らせ



・・・・?!


54420.jpg

悠久の時を超えてなお続くレンズ沼の旅。


今回の標的は…














52456.jpg

LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!










って‥












P770201.jpg


ハイ、ご指摘の通り20mmはいっちばん最初に買ったGF1についてきたレンズで、
当ブログ初期から大活躍してきた神レンズでございます。
















しかしですね、今回手に入れたのはその 『弍型』 なんでございます。
いわゆるガンダムmk2ですね。


別にⅠ型に不具合があったわけじゃないんですが、製造からは6年以上経過してますし、
登板回数が多いレンズは新しい方がいいだろうということで入れ替えることにしました。














EM532046.jpg

見よ、このガースー黒光りする鏡筒を!


1型はシルバーの一色だけでしたが、2型からようやくブラックがラインナップされました。













hgjhkj.jpg

光学系はⅠ型もⅡ型も全く同じらしいですが、オートフォーカスの時のあの「ウィ~ン」音は、
Ⅱ型が明らかに静かになっており、材質の変化?で改良されたようです。


どちらかというと、私の仕事より遅いフォーカススピードをどうにかしてほしかったですが‥。















ちなみに今回もオプション品を同時入手しておりまして、まずはエツミのインナーメタルフード・46mm用!!
どこまで効果があるのか甚だ疑問なサイズですが、逆にかさばらなくていいんですよね。


それにこの程度の大きさのフードでも、あるのとないのとではフィルターへの
汚れやホコリのつき具合がけっこう変わってきます。













EM532054.jpg

Ⅱ型に装着してみるとこんな感じ。まあレンズキャップを装着した時と厚さは大差ないですね。
ただしその純正レンズキャップは径の違いで装着できなくなってしまいます。












EM591979.jpg

そこで更に登場するのが‥ レンズキャップ37mm用!!


オリンパスも含めて何種類かバリエーションが出てますが、せっかくなので今回は
同じパナソニックの PZ 14-42mm 用のキャップにしてみました。


こんな小さくて薄いプラスチックが1,000円近くもするのは驚天動地ですが、
立ち食い蕎麦を4回我慢すれば買えてしまう逸品でございます。












EM532055.jpg

そしてコレが先ほどの46mmのメタルインナーフードのフタにぴったり適合するんでございます。
まったくもって「Xレンズ」ではないんですが、驚くほど違和感がありません(笑)


ただ、非常に小さいキャップなので、ツーリング行ったら瞬殺でなくしそうな悪寒‥。













P1060867.jpg

パンケーキレンズに関してはこんなオールドタイプの時代もありましたが、
神レンズの20mmは外装が変わっても今後も活躍が続きそうです。












P1200714 (2)

マイクロフォーサーズのユーザーで、もしまだ使ったことがないという方がいましたら
Ⅰ型でもいいのでぜひお試しあれ~!!



こちらをポチッとやっていただくと、夏本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.06.26    カテゴリ:  カメラ 

   【エンドレス】    f2.8    【レンズ沼】


頼まれてもいないのに勝手にレンズ沼シリーズ!!


もはや第何弾なのか覚えてないですが‥
とりあえずこちらも春先ぐらいに仕入れていた逸品でございます。






1250894.jpg

一発でパナとバレる外装ですが、いつもより箱がデカいですよ、と。
今回はなかなか財布にディープインパクトな逸品の悪寒‥。











その正体は‥












fdfgh.jpg

LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


半年以上前に売り払ったオリンパスの「ED 40-150mm f2.8 PRO」 に次いで歴代2番目の高額レンズ!!
今まで使用していたパナレンズの中では最も高いお品でございます。















このレンズ、2012年10月発売なので、パナの現行ラインナップの中では実はそんなに新しくないんですよね。
ただ、オリの「ED 40-150mm f2.8 PRO」が登場するまでは唯一のf2.8通しズームで貴重な存在でした。












P1250899.jpg

画質については「ED 40-150mm f2.8 PRO」の方がキレ味があり焦点距離も長いですが、
サイズ、特に重さに関してはこちらの方が圧倒的に軍配が上がります。


だって三脚座を入れたオリが880gに対し、パナは何とたったの360g!! 


「ED 40-150mm f2.8 PRO」を持ってツーリングに行ってた時は肩がつらいのでサイドバッグに入れてましたが、
この「35-100mm f2.8」なら常時メッセンジャー携行でも余裕しゃくしゃくでございます。














ちなみに今回はマルミのDHGスーパーレンズプロテクトに加えてこんなのも同時購入してみました。

ユーエヌの 「テレマチックラバーレンズフード ・58mm」 でございます。












PM160001.jpg

もちろん「35-100mm f2.8」にはちゃんとパナの純正フードが付属してますが、
純正がプラ製なのに対しこちらは名前の通りゴム製となっております。











早速装着してみると‥













786786.jpg

左が畳んだ状態、右が伸ばした状態ですが、その差は3cm!!
伸ばした状態だと、純正フードとほぼ同じ長さですね。


たった3cmかもしれませんが、フィルター径が58mmのレンズで3cm違うと、
メッセンジャーバッグ等で持ち歩く際の収納性にけっこう馬鹿にできない差が出てきます。


安いフードではなかったですが、ルンペンツーリングの際の機動性重視で買ってみました。











XB300067_2014120122590128d.jpg

ちなみになかなか重くてかさばる「ED 40-150mm f2.8 PRO」でしたが、この格納スライド式フードは
本当に革命的な使いやすさでしたね。ぜひ今後はパナにも見習ってほしいものです。











で、肝心の画質でございますが‥











EM560678.jpg

今も使っているパナの廉価キットレンズ「45-150mm/F4.0-5.6」も実はけっこう侮れない性能なんですが、
さすがにお値段が数倍違うとあって中央部の解像力は単焦点クラスと変わりないです。












P5280123.jpg

こちらは焦点距離MAXの100mmで開放で撮ってますが、さすがにこのレンジになれば
マイクロフォーサーズでもしっかりボケてくれますね。ピント面も非常に綺麗です。












P5220066.jpg

f2.8 という明るさも焦点距離が長くなるほど大きなアドバンテージになりますね。
こういう夕暮れ時にもISOを上げずに済みます。


イケメンバイクに彼もうっとりなんでしょうが、それを撮影したもみあげも
その画質にうっとりでございます。  キモいですねぇ。












PM060936.jpg

実は春先に一時、α7Ⅱにでも買い換えてフルサイズへの完全移行も考えていろいろ調べましたが、
お値段だけでなくレンズラインナップや機動性をトータルで考えてやっぱりM43に踏みとどまりました。


もちろん弱点もありますが、積載が限られるバイク乗りにとってM43はかなりバランスのとれたマウントだと思います。
それを証明すべく、今後も下世話な写真を量産していきたいと思います!!



こちらをポチッとやっていただくと、初夏のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.06.22    カテゴリ:  カメラ 

   ◆レンズ沼◆ 魅惑の中望遠編


更新をサボってる間も機材の入れ替えがあったのでレンズネタをば。





EP550003.jpg

比較的小さな箱でございますが、マップカメラで購入した今回のお品はですね‥













jtryterw.jpg

LUMIX G 42.5mm/f1.7/ POWER O.I.S.キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!


フルサイズ換算だと85mmなので、いわゆる中望遠の王道的な焦点距離でございます。













ほぼ焦点距離がカブっているオリンパスの「45mm / f1.8」と比べると約5,000円ぐらい高いですが、
これまた同じ焦点距離のパナ・ノクチクロンはなんと13マソ超でございます‥。













X2150001.jpg

さすがにパンケーキ並みとはいきませんが、単焦点なので非常に小さくて軽いです。


このサイズで明るさ f1.7 で、 強力版手ブレ補正の 「POWER O.I.S.」 まで
搭載してるんだから大したもんですね。












#20516

では早速オリンパスの「45mm / f1.8」との比較です。大きさに関してはほとんど変わらないですね。
どちらもこれ以上小さくするとカメラ装着時に持ちづらくなりそうなぐらいコンパクトなレンズです。


強いて違いを挙げるなら、パナが寸胴ボディなのに対し、オリンパスは凸型に段がついたボディになってます。













#36797

フードをつけるとさらに違いがわかりづらくなります(笑)
ただ、パナだとレンズにちゃんと付属してきますが、オリだと残念なことに別売りです。


レンズ自体はパナの方が高いものの、オリのフードはなんと約3,000円もするので
結局フードを後から買い足すなら値段差はほとんどありません。














X2160003.jpg

f値はパナがほんのわずか明るいですが、加えて日本製というところもアドバンテージでしょうか。
オリも質感は全く悪くないですが、製造国は中国です。また、最近だとベトナム製も出てきている模様。


ベトナムならともかく、あんだけPM2.5や黄砂が飛んでる国の製造だとちょっと不安になります‥。












ertfyu - コピー

E-P5に装着した時の比較はこんな感じです。ほんのわずかにオリの方がフードが大きいですが、
全体感で言ったらほっとんど同じです。


なのでオリンパスのボディを持ってる人なら好みで選べばいいですが、逆にパナボディしか持ってない人は
強力手ブレ補正が付いている「42.5mm / f1.7」の一択でしょうね。 













P1250902.jpg
                                        【パナの42.5mm・開放f1.7で撮影】

写りはほとんど大差ないだろうと予測してましたが、これが思ったより違いがありました。
オリの方がシャープで解像感がありますが、悪く言うとちょっと固めの絵作りです。


パナは一言で言うなら柔らかい絵でボケも素直な感じです。オリを使った後だとちょっとシャープさに欠ける感もありますが、
等倍で見るとちゃんと解像はしてるので、ボケの質の違いからくる錯覚なのかもしれません。


ちなみに上の写真はGH-1で撮影したものです。今となってはだいぶ古いカメラですが、
POWER O.I.Sがついてるので曇りの日でもISOを上げずに撮影できました。













EP510033.jpg
                                        【パナの42.5mm・開放f1.7で撮影】

なので、もし使い分けるとするなら人物やポートレートが多い人はパナ、解像重視で物や建物を撮るならオリ、
という感じでしょうか。風景の場合は好みが分かれそうなところです。


私の撮影対象を考えると明らかにオリが向いてそうですが、後から買ったパナだけ残してオリは売却してきました‥。
こうなったら積極的に女子のポートレートを撮らないと損ですねぇ。












EM550651.jpg
                                        【パナの42.5mm・開放f1.7で撮影】

センサーが小さい分、フルサイズあたりと比べてしまうとf1.7でもボケ量はかなり少ないですが、
カメラを含めたM43の圧倒的なコンパクトさと軽さはツーリングで大きな武器になりますね。


サードパーティも含めて、今後も魅力的なレンズがどんどん出てくることを期待したいと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、初夏のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ


Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog