プロフィール

もみあげネットワーク

Author:もみあげネットワーク
 
2000年に免許を取り、エストレヤで
初のバイク生活がスタートしました。
その後、フォルツァ、スポスタ883、FXDLと乗り継ぎ、初代ルンペン号のトライアンフ・スクランブラーを経て現在のXSR400Fiに至ってます。
ツーリングや整備記録、散財日記の他、ミラーレス一眼カメラのネタも交えて綴るブログです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ



にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

散財コーナー
私のHPは
です。
Triumph Scrambler touring with mirrorless camera blog in JAPAN
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバム
PVアクセスランキング

2016.10.30    カテゴリ:  カメラ 

   老将・E-M5 に コアブースター ★




今回は久々にカメラパーツネタをば。







超絶今更ではございますが‥











こんなの買ってみました!!










P1370137.jpg

   ユーエヌ の E-M5用グリップ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



MYカメラの中で一番稼働率の高い初代E-M5ですが、重さの割にグリップがイマイチよろしくないので
今更ながら購入してみました。型番は UNX-9120 で、定価は約1万円に対し購入額は5,000円。













xfhgjhkj.jpg

発売から既に4年半が経過しているカメラのグリップに今さら5,000円投資というのはちょっと高いですが、
マイクロ43はこのE-M5以降、センサーがあまり進化してないので今でもコレで十分だったりもします。


画像処理エンジンやAF性能、シャッターユニット等は他マウントよりも速いスピードで進化してますが、
センサーに関してはなかなか難しいみたいですね。 E-M1 Mark II ではどうなるのやら‥。













fdrug.jpg

そしてユーエヌの製品ってマニアックなものが多い故か少数生産の上にほとんど再販しないので、
中古でもなかなか出てこないんですよね。


だからたま~に古い掘り出し物が出てきても、あんまり安くないことが多い気がします‥。
大事に使えば高く売れるということでもありますが。













P1370139.jpg

さて、箱の中身は説明書と六角レンチとビス、そしてグリップ本体と台座でございます。


どんなに忙しいお父さんでも、ウォッカを飲み過ぎて手がプルプルしてなければ
ものの10秒で組み立て完了できる親切仕様となっております。













P1370142.jpg

           それでは早速、この老兵E-M5に‥














pthmyhh.jpg

              コ ア ブ ー ス タ ー 合 体 ! !















jryaer.jpg

          ウ ィ ー ン 、    ガ シ ャ コ ー ン ! !











P1370146.jpg

うーん、コレはマジで持ちやすさ倍増です。ずっとグリップなしだったので喜びもひとしおですねぇ‥。


グリップは軽量だけど堅牢なアルミ製で120g、カメラ本体は373gなので約30%の重量増ですが、
劇的に持ちやすくなったので大きいレンズ装着時はむしろ体感的には軽くなるかもしれません。













fsrty.jpg

こちらは底部の写真ですが、上は E-M10 用のオリンパス純正グリップ・ECG-1 で、下がユーエヌです。


手へのフィット感ではさすがにオリンパス純正に軍配が上がりますが、ECG-1はグリップの別体部分を
分離させないとバッテリー交換ができないのに対し、ユーエヌならその手間がありません。


消耗の速い互換バッテリーを使ってると交換回数が増えるので、この差はけっこう大きいんですよね。












uiulkj.jpg

こちらは E-M5 Mark II 用のノーブランド中華グリップとの比較でございます。


中華製も何気にちゃんと底部が切欠き仕様になっていて、なおかつグリップ部分がこの通りかなりデカいので
手が無駄に大きいオッサンでもかなりしっかりホールドすることができます。











しかしですね‥












P1370149.jpg

グリップ部分がデカすぎると、径の太いレンズを装着した時にここのクリアランスが狭くなるので
指がレンズに当たって逆に使いづらくなっちゃうんですよね‥。


オリンパス純正はそのあたりがちゃんと考慮された形状になってますが、このユーエヌのグリップも
ほどよい大きさなので、ピザばっかり食ってるアメリカ人並みの指の太さでない限り当たることはありません。













P1370151.jpg

もはや売却しても大した金額にならないでしょうし、このE-M5に関してはシャッターユニットの
限界寿命が来るまで使い倒してやろうと考えております。


このコアブースターのおかげで、いぶし銀の働きが期待できそうですしね。



こちらをポチッとやっていただくと、中秋のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.09.11    カテゴリ:  カメラ 

   【朗報】 もみあげ、新たに3本の足を獲得



今回は何とも地味な三脚にまつわるお話でございます。


これまでは長い間、スリックのF741という安物の部類に入る三脚を使ってたんですが‥











675ytnbr.jpg

ベルボンのUT-53 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



カメラやレンズでは何度となく沼に転落してますが、いよいよ三脚にも魔の手が‥(笑)

















ベルボンのコンパクト三脚・ウルトレックシリーズはUT-43、UT-53、UT-63の3種類が出ており、
今回は真ん中の大きさの UT53 をチョイスしてみました。


ちなみに各モデルとも最近、型番から「Q」が取れたマイナーチェンジモデルが新発売されましたが、
基本的にはほとんど同じのようです。(UT-53については同じ縮長のままで全高が1cm伸びたようです)












P1360965.jpg

私のようにマイクロフォーサーズのカメラやレンズしか使わないのであれば大概の場合、
基本的に末弟のUT-43でもたぶん十分です。


ただ、店頭で触ってみると意外に差があったので1ランク上のUT-53にしてみました。













897tkr.jpg

表の上が UT-43、下が UT-53 のスペックです。


基本的に全高・縮長ともにそんなに大きな差はありません。脚部の太さが3mmだけUT-43の方が細く、
その分320gほど軽くてコンパクトですが、展開時の末端脚部はかなり細くてちょっと頼りないです。


なのでUT-53の方が安心感があり、また雲台も水準器がついたちょっとランクの高いやつが付属しますが
そこに約5,000円の価格差が見いだせるかどうかですね。














EM572301.jpg

せっかくなので、これまで使っていたハクバのF741と比較のため外に持ち出してみました。
ちなみにF741は全高が1,480mm、縮長が540mm、重量は1,460gです。


重量はほとんど同じですが、縮長はUT-53がほぼ半分の275mmしかないのに全高は約100ミリも高いです。
一般的な三脚に比べていかに異次元なコンパクトさかがよくわかります。













EM572302.jpg

脚を伸ばしていない時はこんな感じ。F741はただ開脚しただけですが、
UT-53は格納状態から脚を約180度開いてストッパーを回す必要があります。


手間といえば手間ですが、使用頻度を考えれば無視できるレベルです。むしろ携行時の楽さが違いすぎます。
UT-53にしてからは、SR400のサイドバッグにも余裕で入るのでツーリング時に本当に助かります。













EM572304.jpg

ちなみにUT-53はストッパーの位置が3段階で選べるようになっており、
最も開脚したこの位置が最低高の状態で358mmとなっています。


静物や植物、昆虫とかをマクロで撮る場合は最低高が低い方が便利なのでしょうが、
もみあげはそのような使い方は一切しないので影響なしでございます。













EM572306.jpg

UTシリーズの特徴は格納時のコンパクトさだけではありませんよ、と。ベーシックな汎用三脚のF741は
合計9か所のロックレバーを外さないと全高状態にできないので、しまう時も含めてまあまあ面倒です。


一方のUTシリーズはなんとそれぞれの脚を反時計周りに回すだけで一気に最長状態まで展開可能!!
ロックする時も時計周りに回すだけなので、めっちゃ楽だし展開が速くなりました。














EM572305.jpg

これがエレベーターを伸ばさない場合での全高状態。
展開前はあれだけコンパクトだったUT-53ですが、ここまで一気に大きくなります。


あ、そういえば雲台も大きな違いがありまして、F741は固定式の3wayタイプですが
UT-53は脚部から分離も可能な自由雲台・QHD-S5D がついており便利です。


展開作業だけでなく、カメラを設置してからの位置や角度の調整時間までも含めると
自由雲台のUT-53の方がさらにちょっ速になります。












EM572307.jpg

全高状態からさらにエレベーターを伸ばしたMAX状態がコレ。UT-53はさらに159mm高くなるので
合計1,570mm!! 格納時からの伸縮率はなんと5.7倍にもなります。コレはマジで凄い‥。


ちなみに脚の末端部はどちらもまあまあ細いですが、全体的な剛性感には雲泥の差があり、
UT-53にマイクロフォーサーズ機なら過剰スペックかもしれません。












EM572310.jpg

ラストはルンペン2号を入れて。全高まで展開後はちょうどバイクをまたいで立てられる高さになります。


最近は日が沈むのがだいぶ早くなってきたので、早速このブランニュー三脚で夜間撮影に勤しもうと画策中です。
お得意の川崎沿岸部なら工場夜景も撮れますしね。また近々戦果を報告したいと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、初秋のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.08.18    カテゴリ:  カメラ 

   真夏の機材ビッグバン ★




Life can be wonderful if you’re not afraid of it. All it takes is courage, imagination… and a little dough.

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。


                                                        チャールズ・チャップリン











Life can be wonderful if you’re not afraid of it. All it takes is camera, lens… and a lots of money.

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それはカメラとレンズ、そして多額のお金だ。


                                                          もみあげネットワーク










というわけで‥












処理済~EM592068

いつまで経っても増えない可処分所得を脳内であんなことやこんなことで運用しながら
破竹の自転車操業で導入致しましたのが‥













tyretwr.jpg

 LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


言わずと知れたマイクロフォーサーズの超広角レンズでございます。オリンパスも全く同じ画角で
Proレンズを出してますが、パナソニックのコレはなんと2009年の時点で既に発売されてました。












商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】 パナソニック H-F007014 LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
価格:92300円(税込、送料無料) (2016/8/7時点)



なのでマイクロフォーサーズの中ではかなり古い部類に入るレンズではありますが、
現行レンズにも全く見劣りしないスペックを備えております。


もちろんオリンパスの7-14mmの方には画質や明るさでは勝てないものの、
価格やコンパクトさでは圧勝なので、画角は同じでも明確にキャラが分かれております。















P1340912_20160807121025b0e.jpg

そして一部の方は覚えておいでかもしれませんが、このレンズ、今回で2回目のお買い上げでございます(笑)
コチラは2013年に一度購入していた時の写真です。ボディは懐かしのGH2‥。


ツーリングでも圧倒的な広角無双をエンジョイできたものの、画面の中央にバイクを置かないと
めっちゃ歪むのが気に入らず半年で手放しておりました。













P1140882.jpg

しかし今回、夏休みの北海道ツーリングを画策するにあたり、あの超絶雄大・グレイトな風景を切り取るには
これしかねぇ!! ‥ということで思い切って再配備したワケであります。


件のトラブル で急きょ行けなくなりましたが(笑)












しかも今回、超広角レンズと合わせて導入しておりました兵器が別途ございまして‥













jhgffd.jpg

パナソニック・GX8 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


GH2以来、超絶久しぶりにパナボディを導入です。今までのパナボディには手ブレ補正がついてなかったり、
ついてても気持ち程度のレベルだったのでオリンパスに傾注しておりましたが‥

















このGX8からはレンズとボディの両方で補正が効くDUAL I.S.が搭載され、また図らずも現在保有している
レンズが全てパナ製なので、この機会にボディも大阪の家電屋に回帰してみました(笑)


GH1とGH2の時期もそれなりに長かったので、パナの操作体系はだいたい覚えていたものの、
当時よりかなり機能・設定が増えているので、完全に使いこなすまでにはかなり時間がかかりそうです。












jthret.jpg

というわけで現在はこの3台体制になったんですが、DxOのスコアはこんな感じです。
概ね大差はないものの、やはりセンサーの新しいGX8が一番高スコアになってます。


何より、GX8は2,000万画素まで引き上げられている点が最も大きな違いでしょうかね。
しかも高画素化しているのにエンジンの進化のおかげでノイズは増えていないというのが素晴らしいです。













そしてそのGX8に超広角レンズをガッターイしますと‥














546h.jpg

                        ガシャコーン!!


パナの7-14mmはもともとかなりコンパクトな設計ですが、大き目ボディのGX8に装着すると更に小さく見えます。
ていうかGX8はその大きさがやたらと市場で叩かれてますが、ちょっと意味不明です。


一般的な男性であれば、これぐらいの大きさが一番持ちやすいはずなんですけどね‥。センサーが小さいから
ボディも小さくないと意味がない、という人はこの規格のトータルでのメリットがたぶん理解できてないのでは。












P1370024.jpg

ちなみに液晶パネルはE-M5 MarkⅡ と同じくバリアングル仕様となっております。
ココに関しては従来通りのチルト式の方が便利だったかな‥。動画はあんまり撮らないので。


一応、4K動画が売りのカメラでもあるんですけどね(笑)












P1370025.jpg

また一方でEVFがチルトできるようになっており、バリアングル液晶と合わせて活用することで
あんな所やこんな所から変態的な角度で撮影がお楽しみ頂けます。


よい子のみんなはまねしないでね!!











asdfgfhj.jpg

ちなみに某三流女優を使って売り出し中の最新機・GX7 MARKⅡも店頭で実機を触って検討しました。
動画でも手ブレが効いたり、新型の電磁式シャッター搭載とかはかなり魅力的ですね。


ただ、コンパクトすぎるのが災いして持ちづらいのと、何より撮影のキモになるEVFが圧倒的にGX8の方が
綺麗で見やすかったのでGX8に決定しました。何でもかんでも小型化すればいいってもんじゃありませんね。














P1230688.jpg

さて、数年ぶりの北海道ツーリングの夢はあえなく頓挫しましたが、この新型兵器を携えて
ついにあの林道にチャレンジしてきましたので次回UPしたいと思います。


こちらをポチッとやっていただくと、真夏のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.07.31    カテゴリ:  カメラ 

   北緯13度14分17.5秒 東経144度39分7.5秒



i76tev.jpg


         ?!?








おっとフライング。まずは‥











sterjse.jpg

M.ZUIKO ED 9-18mm F4.0-5.6 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


言わずと知れた、マイクロフォーサーズの超広角レンズですね。パナソニックの7-14mmの方が
更に圧倒的な広角域がエンジョイできますが、携帯性ではこちらに軍配が上がります。














携帯性に加えてオリンパスの場合は普通にフィルターが付けられるのも長所です。
パナの7-14mmは出目金レンズなので常にモロに露出していて怖いんですよねぇ。


金額もオリの9-18mmの方が実勢で3万円近くお安くなっております。











こんなレンズを買った日にゃ‥












rhght.jpg

          こんな車を借りてみて‥













cumnrew.jpg

        南 の 島 の B E A C H ド ー ン !!


正しい順番で言いますと、南の島に行くことになったから超広角レンズ買ってみた、というワケです。
「レンズ買ったからどうしよう。そうだ、南の島でも行くか!!」という人はレンズ沼で頭がイカれてます。













nrewe.jpg

そしてピンポイントに行ってきたのが‥ ココス島!!
別に某ファミレスとは無関係ですし、某カレーチェーン店との関連もございません(笑)


グアムの中心街であるタモンから車で約1時間、島の南端近くにあるメリッソ桟橋からフェリーでココス島に上陸します。
フェリーに乗っている時間はわずか10分程度で、グアム島が余裕で見渡せる距離にあります。














8bvw.jpg

江の島や大洗海岸とは次元の違うレベルの真っ白・真っ青な世界が広がっており、まさに絵に描いた南国!!


ところがサンダルをレンタカー車内に忘れてしまい、こんな所を黒のハイカットコンバースで歩くという暴挙に。
それもすぐにビッチャビチャになってしまい、漂流するヤシの実と記念にツーショットを(笑)













u64ebm.jpg

なんかハイビスカスも南国感がさらにパワーアップしたようなグラデーションになってます。
日本だとここまでトロピカルなカラーは見かけないですね。












je5ned.jpg

サワガニ君? も気持ちよさそうにビーチを闊歩しておりました。
ていうかこの透明度、ヤバいだろ‥。













vasdqef.jpg

ココス島を撤収後は、そのまま反時計回りでグアム島を一周することに。
ココはどこだったかよく覚えてないですが、湾の向こう側までワイドにクッキリ!!













onvw5g.jpg

コチラはかの有名な 恋人岬!!


長きに渡る独り身に乱心して飛び込むにはちょうどいい高さですが、一応今回のドライブには
女子も数名ちゃんと乗っていたことを我が名誉のために付け足しておきたいと思います(笑)













wqr53h.jpg

ラストは宿泊リゾートからのサンセット!!


今回はかなりの弾丸ツアーでしたが、やっぱり南国には超広角レンズを持っていって大正解でした。
レンズは帰国してすぐに売却しちゃいましたが、購入時との差額は5,000円もしなかったのでいい買い物でした。


次回また南国に行く機会があれば、今度はオリンパスの7-14mm PRO を持って行ってみたいですね。
旅費の2倍ぐらいのお値段しますが(笑)



こちらをポチッとやっていただくと、夏本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ

2016.07.19    カテゴリ:  カメラ 

   ▲ 世界一、ブレないやつ導入 ▲



ハイ、今回もレンズ沼!! 





‥と見せかけて‥








M531616.jpg

ちょっと大きめの箱が届きましたよ、と。





       _____            
     /:::::::∪::─ニ三─ヾ          
   /:::::::::: ( ○)三(○)\        ま、まさか‥
  (:::::∪:::::::: (__人__):::::i|  
   \:::::::::     |r┬-| ::::ノ  
    リ::::::::     `ー'´  ::\  











jmhdngsfa.jpg

                      またつまらぬ物を‥











iljkhh.jpg

                   買ってしまった‥














ハイ、今回お買い上げのお品はコチラ、OM-D E-M5 Mark II でございます。


OM-DシリーズはいよいよE-M1 MarkⅡの発表が近いのではないかと噂されておりますが、
発売中のラインナップの中ではこの E-M5 Mark II が現在も最新でございます。












3eryu.jpg

最新ということで、手ブレ補正に関してはE-M1の約4段を上回る5段分の効果だそうです。
できることなら私の人生も数段と言わず数年分補正していただけるとありがたいのですが。













XC300003.jpg

そして今回の原資として人身御供になっていただいたのは、こちらのE-P5でございます。
享年6ヵ月ぐらいだったでしょうか‥。


デザインは本当に秀逸ですし、機能面でも最新機とほとんど見劣りしないんですが、
EVFが外付けというのが致命的に不便かつ機動性を削いでおり、選手入れ替えとなりました。












EM532038.jpg

ただしこの E-M5 Mark II も難点が一つあり、重さの割にグリップがしづらいです。


店頭で手に取ってみると、一見同じような形の E-M10 Mark II はそんなに悪くないんですが、
なぜか E-M5 Mark II はどうにもしっくりこないんですよね‥サムレストの形状がよくないんでしょうか。










というわけで‥












EM532034.jpg

今回も社外品のグリップを買ってみました!! アマゾンで2,750円で売ってる

アルカスイス互換 L型ブラケット カメラグリップ でございます。


オリンパス純正のグリップはなんと15,000円という、なかなかナメた商売をされております‥











EM532036.jpg

底面もバッテリー部分がちゃんと切欠きされてるので、いちいちグリップを外さなくても
バッテリーやSDカードの取出しが可能になっている親切仕様です。


素材はプラスチックではなくアルミなので、軽量ですが剛性はなかなかのものです。












#88448

このアルカスイス互換 L型ブラケット カメラグリップ、いろんな機種用が安価で発売されており、
こちらはE-P5用を使っていた時のものです。


E-P5のスタイリッシュな感じが台無しですが、持ちやすさは2階級特進でした(笑)













EM532043.jpg

そしてコアブースターの如く、E-M5 Mark II と合体させるとこんな感じでございます。


グリップ部分は各社の純正品よりけっこうデカいので、女性には大きすぎるかもしれませんが、
一般的な男子であればむしろこっちの方が持ちやすくていいと思います。












EM532041.jpg

右側のプレートもビスで脱着できるようになってるので、予め外しておけば液晶がバリアングル式の
E-M5 Mark II でもこの通り、支障なく可動させることができます。












jtretre.jpg

現時点では世界最強?の5軸・5段の手ブレ補正や、パナと違って本当に信用できる防塵防滴、
静物なら衝撃の解像を誇るハイレゾショット等、なかなかいいカメラではないでしょうか。


今年もお盆ツーリングを画策してますので、ぜひ使い倒していきたいと思います。



こちらをポチッとやっていただくと、夏本番のツーリング記事や写真に出会えますよん
    ↓               ↓                 ↓     
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ      にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ       にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ


Copyright © スクランブラーdeミラーレス日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog